百人一読―偉人と聖書の出会いから(39)矢内原忠雄 篠原元

2017年4月25日06時44分 コラムニスト : 篠原元 印刷
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(39)矢内原忠雄 篠原元
矢内原忠雄(1893~1961)

「聖書は・・・万人によって万人に学ばれるべく、万人によって解されるところの人類の書なのである」(『100人の聖書』69ページ参照)

これは東大の総長を務められた矢内原忠雄(1893~1961)の言葉です。

私は、聖書を多くの人に読んでもらいたいと願っています。皆さんは、この地上から消し去りたいものってありますか? 今までの悪い体験、記憶だったり、痛烈な失敗だったり、元恋人との悪い記憶だったりするかもしれませんね。または、ある写真だったり、ある映像だったり、ある書類かもしれません。

去年見た映画で、主人公の女子高生がこう言います。「(ある本を)地上から消し去りたい!」と。(2016年10月公開・本田翼さん、山本美月さん主演映画です)

皆さん、どうでしょうか? 話は変わりますが、先の映画の中の女子高生のように「何でこの本があるの!」とか、「こんな内容の本があっていいのか!?」という書籍がありますよね。

いろいろな本や雑誌がありますが、「これは、あの人にはおすすめできないな~」とか、「この本は、絶対あの人に読ませちゃいけないな!」とか、「こんな本は、うちの子には絶対読ませてはダメだな~」とかっていう内容のものありますよね。昨今、性的な描写が書籍等にありますね。また暴力、犯罪を教唆するような内容のものが出回っていますね。

本当にどんな人にでも、どんな年代の人でも読んでもらって大丈夫といえる書籍は少ないですね。私は、そのような書籍が、聖書であると信じています。矢内原忠雄も言っていますが、「万人によって万人に学ばれる」べき書物である聖書を、すすめていきたいですね。

今日から、多くの人に良書を紹介しませんか? その良書は、まさしく世界のベストセラー、本の中の本、聖書です。また、最初から聖書が難しいと思われるあの人のためには、『100人の聖書』をおすすめします。聖書、または『100人の聖書』をおすすめし、またはプレゼントして、良書を親友に、家族に、同僚に、部下に教えてあげたいですね。

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都千代田区生まれ。プロテスタント・炎リバイバル教会伝道師。JTJ宣教神学校卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、VIPクラブ、キリスト教各団体、ホテルなどにて講演、またテレビ番組「ライフ・ライン」などに出演するなど多方面で活動中。2017年1月に有志のメンバーにより設立された社会福祉活動団体「100人の聖書基金」の、学校・児童養護施設・病院などへの書籍寄贈活動に著者として携わっている。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープ)がある。

炎リバイバル教会ホームページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース