百人一読―偉人と聖書の出会いから(40)レーナ・マリア 篠原元

2017年5月2日06時52分 コラムニスト : 篠原元 印刷
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(40)レーナ・マリア 篠原元
伝道大会「セレブレーションオブラブ with フランクリン・グラハム」最終日のステージで、イエス・キリストに出会った喜びを歌うレーナ・マリアさん=2015年11月22日、日本武道館(東京都千代田区)で

明日からゴールデンウイークです。中には、もうすでに連休という方もいらっしゃるかもしれませんね。また、連休中もずっとお仕事、もしくは勉強で忙しいという方もいることと思います。お疲れ様です。自分も休むのが苦手なのでその部類です。

ゴールデンウイーク、また連休、夏休みというと、お金が必要になってきます。休めるのでリフレッシュや余暇の時間をたくさん取れると思いますが、その分お金もけっこう飛んでいくものですね。

当然のことながら、遊びに行けばお金は出ていくし、映画館に行くにしてもお金が飛んでいく。子どもの笑顔を見られますが、お金も出ていくってことですね。

スウェーデン出身の有名なゴスペルシンガーであられるレーナ・マリアさん。両腕がないなどの障がいを持って生まれた方ですが、そのようなハンディキャップを聖書の力と神様の愛によって乗り越えて、パラリンピックでも活躍され、またコンサート活動などを通して全世界で多くの人に希望を与える働きをされています。

そのレーナ・マリアさんがこう語っています。「・・・すべて神さまが与えてくださることがわかったので、まさに『乏しいことはない』のです」(『100人の聖書』71ページ参照)

すごい言葉ですね。このような言葉を言ってみたいですね。「私は乏しいことがありません!」と。

言ってみたいにしても、実際問題、銀行の口座にいくらあるのか、また財布に今いくら入っているのかを確認してしまったら、そう言えないかもしれません。

特に出費が重なった後や、ゴールデンウイーク明け、休暇明けなどにそのように言える方は、相当の勇者か、もしくは自分は一切お金を出さずにお相伴にあずかってばっかりだった人ですね。

でも、違う意味で「私は乏しいことがありません」と言えるかもしれません。レーナ・マリアさんが、前述のような発言をできるのは、聖書のことばを読んでいるからです。

聖書のことばをじっくり読んでみると、①「キリストの神様は、良きものを私たち人間に下さる」ということと、②「キリストの神様は、私たちに良きものを下さる優しいお方である」ということが分かります。

というわけで、レーナ・マリアさんが言えるように、私たちもこの2つのことを聖書から読み取るならば言えるわけですね。ゴールデンウイーク明けだろうが、出費連続の日々であっても!「キリストの神様が、良きものを私に下さるから、私は乏しいことはないよ」と。

幸せですね。言ってみるだけでも幸せな感じになるかもしれません。こう言って信じていれば、明るくなって、そのうちに本当に良いものが天から降ってくると思います。

最後に、ゴールデンウイークですが出掛ける方も、また家でゆっくりという方も、「まったく普段と変わりないよ!」と言われる方も、少し時間を取ってみて、レーナ・マリアさんの歌う姿をユーチューブで見てはいかがでしょうか。「乏しいことはない」と語る彼女の姿を実際に見て、その歌声を聞くのもいいものかと思います。

また、このコラムの第10回「ローラ・インガルス・ワイルダー」を読んでいただければと思います。その上で、「大草原の小さな家」のDVDをレンタルしに行って、ぜひ鑑賞してみてください。貧しい生活の中でも幸せに暮らす一家の物語を見ているうちに、心が豊かになってくると思います。

またまた、次回はチェ・ジウさんのことからコラムを書かせていただきます。チェ・ジウさん主演「天国の階段」もお薦めします!

「乏しくない!」と実感できる、ゴールデンウイーク&ゴールデンウイーク明けをお過ごしいただけますように。

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都千代田区生まれ。プロテスタント・炎リバイバル教会伝道師。JTJ宣教神学校卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、VIPクラブ、キリスト教各団体、ホテルなどにて講演、またテレビ番組「ライフ・ライン」などに出演するなど多方面で活動中。2017年1月に有志のメンバーにより設立された社会福祉活動団体「100人の聖書基金」の、学校・児童養護施設・病院などへの書籍寄贈活動に著者として携わっている。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープ)がある。

炎リバイバル教会ホームページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース