グレゴリオ暦によるクリスマス、ウクライナで国民的な祭りになるか

2016年12月8日17時14分 記者 : 行本尚史 印刷
+グレゴリオ暦によるクリスマス、ウクライナで国民的な祭りになるか
クリスマスツリーのイルミネーションと教会(画像:RISU提供)

ウクライナの国会議員たちが、同国のクリスマスを12月25日(グレゴリオ暦)と1月7日(ユリウス暦)の両方で国民の祝日として祝うことを提案する法案を作った。ウクライナ宗教情報サービス(RISU)英語版が7日に報じた。

同議員らは、その案が多くのプロテスタントやローマ・カトリックのクリスチャンたちの宗教的な必要性を考慮しているだけでなく、ウクライナ社会を一致させることにもなるだろうと考えているという。

同法案は、ウクライナの労働法第73条を修正し、12月25日を休日に加えることを提案している。1月7日はすでに休日となっている。これは、ウクライナ人がクリスマスを12月25日と1月7日に祝うことになることを意味している。

同国文化省の統計によると、2万3172の正教会やギリシャ・カトリック教会、および幾つかの他のキリスト教共同体がユリウス暦に従って1月7日にクリスマスを祝っているが、今日ウクライナには、グレゴリオ暦に従ってクリスマスを12月25日に祝う、およそ1万1千のローマ・カトリック教会やプロテスタント教会の共同体があり、ウクライナにある全ての宗教団体のうちの30パーセントをなしていると、同議員たちは主張している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース