ベツレヘムの降誕教会からクリスマス深夜ミサ生中継へ エルサレムやパレスチナ難民の教会指導者は平和訴え

2015年12月24日22時34分 印刷
+ベツレヘムの降誕教会からクリスマス深夜ミサ生中継へ エルサレムやパレスチナ難民の教会指導者は平和訴え
ベツレヘムのメンジャー(まぶね)広場で2004年に行われたクリスマスの祝祭(写真:Footballkickit)

正教会とカトリック、プロテスタントからなる「聖地キリスト教エキュメニカル財団」は25日、エルサレム時間の午前0時(日本時間の同日午前7時)より、パレスチナとイスラエルの対立が続くベツレヘムの聖誕教会(降誕教会)から、クリスマスを祝う深夜ミサをインターネットで生中継する。

同財団はまた、ベツレヘムの中心部にあるメンジャー(まぶね)広場での祝祭を、エルサレム時間で25日午前8時から午後3時まで(日本時間の同日午後3時から午後10時まで)、またカトリックのラテン総大司教の歴史的行列を同時間で25日午後3時から(日本時間の同日午後10時から)それぞれ中継する。

聖地キリスト教エキュメニカル財団の公式サイトはこちら

一方、ギリシャ正教会エルサレム総主教のフェオフィル3世は13日(ユリウス暦の11月30日)、キリアコス・ナザレ府主教らが出席する中、約1万人の群衆を前にしてクリスマスツリーに点灯した。

同総主教は21日、教会指導者やユダヤ教のイスラエル主席ラビ、他の主立った宗教指導者らとの会談で、イスラエルとパレスチナの対立の中で「あらゆる暴力を非難する」「人間は神の姿に似せて創られたのであり、この真理が私たちの人間理解の基礎だ」と述べるとともに、旧約聖書の創世記2章7節を引用し、「私たちは同じ人間としての本質を共有しているだけでなく、同じ土から創られた」と語った。その上で、新約聖書のローマ書8章22、23節を引用しつつ、平和と和解、そして互いの繁栄を訴えた。

ギリシャ正教会の降誕祭は、西暦の1月7日に行われる。

また、ヨルダンおよび聖地の福音ルーテル教会(ELCJHL)監督で、自らもパレスチナ難民のルーテル世界連盟(LWF)ムニブ・ヨウナン議長は、9日にLWFの公式サイトに掲載されたクリスマスメッセージで、「私たちの世界には、正義に基づいた平和のための場所があるのでしょうか?」と問い掛け、安全を求める世界中の難民に希望をもたらすよう諸教会に訴えた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース