牧師の小窓(54)遠藤周作 福江等

2016年11月13日23時21分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等
+牧師の小窓(54)遠藤周作 福江等
遠藤周作(1923~96)

遠藤周作(1923~96)と言えば、その作品を読んだという人も多いかと思います。カトリックの信者として多くの作品を世に著して、ノーベル文学賞の候補にも上がったほどの有名な作家であります。私自身も幾つかの作品を興味深く読みました。その中でもやはり一番強い印象を与えられたのが、『沈黙』という作品です。最近、この作品が映画化されたということを聞き、大変うれしく思っています。

日本に宣教のために来ていたポルトガル人の宣教師のことを通して、日本人のキリスト教観を明らかにしようとした渾身(こんしん)の作品であったと思います。氏自身が12歳の時に母親の勧めでカトリックの洗礼を受けたということがベースとなって、日本人の自分と西洋のキリスト教とがうまく溶け合わないというジレンマを感じながら大人になっていったようです。それで、なんとか日本人にもなじめるキリスト教理解というものがないものだろうか、という模索が氏の多くの作品の根底にあったようです。

その模索の大きな転換点は、イギリスの神学者であるジョン・ヒックという人の多元的キリスト教という主張でありました。それは、全ての宗教の目指すところは同じであるという土台に立って、過去のキリスト教の優越感を修正し、他宗教を尊重し、キリスト教排他主義を失くしていこうとする趣旨の思想であります。

このテーマは非常に大きなものなので、このコラムで取り扱うには無理がありますから、深入りはしません。ただ、遠藤周作が目指そうとしていた点に共感できる部分と、少し注意する必要があるのではないかという両面があると感じていることだけを指摘したいと思います。

共感できる点は、キリストを非常に身近に引き寄せてくれたという点であります。私たちの弱さを徹底的に理解して受け入れてくれる、同伴者なるキリストという理解を深めてくれました。

しかし、キリストのもう1つのご性質、つまり、超越的存在としてのキリスト理解がいささか希薄であったということが問題点であるように感じます。聖書のキリストは内住のキリストであると同時に、超越のキリスト、絶対的他者としてのキリストの両面が啓示されています。そして、その両面を理解することが、私たちの信仰にとって不可欠なことではないかと思います。

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース