巨匠ティツィアーノの「受胎告知」も来日!「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」開催中

2016年8月5日12時03分 記者 : 坂本直子 印刷
+巨匠ティツィアーノの「受胎告知」も来日!「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」開催中
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ「受胎告知」油彩 / カンヴァス サン・サルヴァドール聖堂所蔵

巨匠ティツィアーノの「受胎告知」が出品されていることでも注目される「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」が、東京都港区の国立新美術館で開催されている。日本とイタリアの国交150周年を記念した特別展で、ヴェネツィア絵画の殿堂・アカデミア美術館のコレクションを中心に15世紀から17世紀初頭にいたるルネサンス期のヴェネツィア絵画を紹介する。

アカデミア美術館は、ヴェネツィアの美術アカデミーが管理していた諸作品を礎として、1817年に誕生した。14世紀から18世紀にかけてのヴェネツィア絵画を中心に約2千点を超える充実したコレクションを有することで知られている。同展では、その膨大なコレクションの中から、ジョヴァンニ・ベッリーニからクリヴェッリ、カルパッチョ、ティツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼまで、名だたる巨匠たちの傑作57点が一挙来日している。

同美術館のこれだけのコレクションをまとめて紹介するのは本邦初で、また、イタリア・ルネサンス絵画史の中でもヴェネツィア派に焦点を絞った展覧会は、国内ではほとんど前例がない。ルネサンス発祥の地であるフィレンツェの美術から影響を受けつつも、独自の展開性を遂げたとされるヴェネツィア・ルネサンスの歴史を知る上でも貴重な展覧会だといえる。

西洋の近世・近代絵画が専門の国立新美術館主任研究員の宮島綾子さんは、ヴェネツィア絵画の特徴を、自由奔放な筆致と豊かな色彩表現だと話す。ルネサンスの発祥地であるフィレンツェの画家たちがデッサン重視であったのに対し、ヴェネツィアの画家たちは、デッサンをせずにそのままキャンバスへ描いてしまうこともあり、筆を自由に使うことで、大胆かつ劇的なタッチを持ち味とし、色彩による表現を豊かにしていったのだという。

同展の大きな見どころであるティツィアーノの「受胎告知」についても、「線というより色で描くという感じで、輪郭がはっきりしておらず、ヴェネツィア派らしさが出ている」と語った。高さ4メートルを超える迫力の「受胎告知」は、サン・サルヴァドール聖堂から特別出品されている。絵画自体は非常に有名なのだが、サン・サルヴァドール聖堂にはなかなか行きづらいので、この機会にぜひ見てほしいと話す。

展覧会は編年的に構成され、ヴェネツィア・ルネサンスへの旅は、「第1章 ルネサンスの黎明―15世紀の画家たち」から始まる。初めに目にするのは、16世紀以降のヴェネツィア派の展開に決定的な影響を与えたといわれるジョヴァンニ・ベッリーニが描いた「聖母子」。15世紀のヴェネツィア派最大の巨匠で「聖母の画家」とも呼ばれたベッリーニによって描かれたその絵は、慈愛に満ちた母マリアと幼な子イエスが視線を交わす姿で、深みのある青と赤の色彩が非常に美しい。

巨匠ティツィアーノの「受胎告知」も来日!「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」開催中
ジョヴァンニ・ベッリーニ「聖母子(赤い智天使の聖母)」油彩 / 板 アカデミア美術館所蔵

「第2章 黄金時代の幕開け―ティツィアーノとその周辺」では、16世紀初頭にヴェネツィア絵画に革命をもたらし、西洋美術史史上最も偉大な画家と見なされてきたティツィアーノの「受胎告知」に出会うことができる。伝承によれば、ヴェネツィアの建国は421年、受胎告知の祭日である3月25日とされ、そのためヴェネツィアでは「受胎告知」に特別な思いがある。ティツィアーノは、この奇跡の瞬間を、金褐色を基調とした色彩によってドラマチックに描き出している。

ダイナミックな「受胎告知」の一方で、アカデミア美術館が所蔵する「聖母子(アルベルティーニの聖母)」も展示されている。母マリアに抱かれる幼な子イエスが右腕をたれ死を暗示するポーズをとるなど、同じ聖母子像であっても、ベッリーニが描いたものとは構図だけでなく、色彩もずいぶん違っている。この絵は、「ティツィアーノの晩年様式を特徴づける素早く粗い筆のタッチや震えるような光の表現は、サン・サルヴァドール聖堂の『受胎告知』に共通する」といい、「受胎告知」と同時期のものと推定されている。

巨匠ティツィアーノの「受胎告知」も来日!「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」開催中
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ「聖母子(アルベルティーニの聖母)」油彩 / カンヴァス アカデミア美術館所蔵

「第3章 三人の巨匠たち―ティントレット、ヴェロネーゼ、バッサーノ」「第4章 ルネサンスの終焉―巨匠たちの後継者」では、巨匠ティツィアーノ没後のヴェネツィア・ルネサンスについて知ることができる。1585年に天正遣欧少年使節の伊東マンショの肖像画を描いたことで知られるドメニコ・ティントレットの作品が出品されていることも見逃せない。また、ここでは、ルネサンス様式の終焉とバッロク様式への移行を示す作品が紹介されている。

旅の終わりとなる最後のセクションは「第5章 ヴェネツィアの肖像画」。ルネサンス絵画の歴史とは別に、ヴェネツィア派の肖像画が集められている。「実在の人物の姿を生き生きと記録する肖像画は、ヴェネツィア画派が非常に得意とする分野」であり、ルネサンス時代全般にわたる質の高い典型的なヴェネツィアの肖像画をたっぷり見ることができる。

巨匠ティツィアーノの「受胎告知」も来日!「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」開催中
ヤコボ・ティントレット「聖母被昇天」油彩 / カンヴァス アカデミア美術館所蔵

同展の企画が始まったのは2年ほど前。アカデミア美術館のリニューアルの時期と偶然重なり、話は急ピッチに進んだ。同館館長のパオラ・マリーニ氏とヴェネツィア大学教授のセルジョ・マリネッリ氏監修のもと、同美術館の中でも選りすぐりの作品が選ばれ、今回の展覧会に至った。

宮島さんは、「日本では、ルネサンス発祥地のフィレンツェに比べると、ヴェネツィアの画家はまだ知名度が低いですが、ルネサンス・ヴェネツィア絵画は、西洋絵画史の中では重要な位置を占めています。この機会にぜひ多くの方にご覧になっていただきたいと思います」とアピールした。

巨匠ティツィアーノの「受胎告知」も来日!「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」開催中
ヤコボ・ティントレット「サン・マルコ財務官ヤコポ・ソランツォの肖像」油彩 / カンヴァス アカデミア美術館所蔵

同展は、国立新美術館、TBS、朝日新聞の共同主催で、展覧会期間中、国立新美術館内および近隣のレストランでは、展覧会にちなんだタイアップメニューを提供するなど同展を盛り上げている。東京での展示終了後は、大阪を巡回(10月22日~2017年1月15日)することになっている。

「日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」は、10月10日(月・祝)まで。開館時間は午前10時から午後6時、金曜日と8月6・13・20日の土曜日は午後8時まで(入場は閉館30分前まで)。休館日は火曜日(ただし8月16日は開館)。観覧料は、一般1600(1400)円、大学生1200(1000)円、高校生800(600)円。( )内は20人以上の団体料金。中学生以下無料、9月17~19日は高校生無料(要学生証)、障がい者手帳所持者と介護者1名は無料。

詳しくは、展覧会ホームページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

ヒルソングが日本語CD「なんて麗しい名」を初リリース 日本の次世代賛美の牽引役となるか? 実際に聴いてみた!

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」に見るSNS世代の複雑さと素直さ

元AKB48の竹内美宥さん、教会の音楽集会に出演 「苦しいとき、いつも神様に祈った」

有名俳優たちが聖書の世界を忠実に再現 無料アプリ「聴くドラマ聖書」、9月リリース

首都圏最古、かやぶき屋根の「旧手賀教会堂」を守ろう 柏市がふるさと納税活用したCF型募金

礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況

日本福音ルーテル熊本教会、国の登録有形文化財へ ヴォーリズ晩年の作

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース