2年に1度の「伝道団体連絡協議会フェスティバル」、お茶の水クリスチャン・センターで開催

2016年6月1日20時39分 記者 : 守田早生里 印刷
+2年に1度の「伝道団体連絡協議会フェスティバル」、お茶の水クリスチャンセンターで開催
会場には、キリスト教関連の企業、学校、グループなど約30団体のブースが並んだ。午前中から多くの人で賑わった=5月28日、東京都千代田区のお茶の水クリスチャンセンターで

2年に1度の「伝道団体連絡協議会フェスティバル」(同協議会主催)が5月28日、東京都千代田区のお茶の水クリスチャン・センターで開催された。同センター8階のチャペル内とチャペル外のホールには、同協議会に加盟しているキリスト教関連の企業、学校、グループなど約30団体のブースが並んだ。

東京プレヤーセンターのブースでは、手作りの造花フラワーアレンジメントやビーズアクセサリーを販売。日本国際飢餓対策機構は支援国で作られた手芸作品などを並べていた。また、新生宣教団は各国語の漫画『メサイア』を並べ、届けた国の様子を動画で紹介するなどしていた。

チャペル内では、「映画de伝道」と題して、長年映画翻訳の現場に携わった小川政弘氏が講演した。また、日本同盟基督教団土浦めぐみ教会の清野勝男子(せいの・かつひこ)牧師が「キリスト教葬制文化開拓を!」と題して、昨今の葬儀事情を踏まえ、未信者の場合に教会で葬儀を行うことの是非などについて講演を行った。

会場を訪れた参加者たちは、「たくさんのキリスト教関連団体が、趣向をこらして、さまざまな形で伝道していることに驚かされた」「それぞれの賜物を生かして伝道を続けてほしい」などと感想を語った。

同協議会代表の姫井雅夫牧師(日本基督教団赤坂教会)は、「こうした伝道団体があることは、意外と多くのクリスチャンが知らない。企業同士、団体同士もお互い、どういった団体なのかを知らないことが多い。規模は縮小してしまったが、こうした交わりは必要。また、教会関係者の方々には、特別伝道集会などの際に、どこにどういった依頼をしたらよいのかなどの参考にしてもらえたら感謝だ」と話した。

2年に1度の「伝道団体連絡協議会フェスティバル」、お茶の水クリスチャンセンターで開催
東京プレヤーセンターの出展ブース

クリスチャン人口が、なかなか国民の1パーセントを超えない中、今後の伝道方法についてさまざまな議論がなされている。姫井牧師は、「協議会でも、このフェスティバルに関して毎回、未信者の方々や各教会で伸び悩んでいるといわれる若年層へのアプローチを考えている。時代が刻々と変化し、考えている間にまた次の時代を迎え、時代に追いついていけない。しかし、私たちが伝えたい『聖書』は、いつの時代も変わらない。現代のフィーリングに合わせながらも、心地の良い言葉だけを伝えるのは、どこか間違っているのでは。都合の良いことだけを伝えると、いつか信仰のつまずきになるのではないか。まずは、私たちが『罪人』であることをしっかりと意識し、伝えた上で、イエス様の十字架の血潮によって私たちは救われ、神様に愛されているということを伝えていきたい。日本の教会は保守的なところが多いが、外へ外へと出て行く勇気が必要」と話した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース