救い主であり癒やし主であるキリスト 万代栄嗣

2016年5月16日11時14分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣

「・・・イエスは彼らに言われた。『さあ、近くの別の村里へ行こう。そこにも福音を知らせよう。わたしは、そのために出て来たのだから。』こうしてイエスは、ガリラヤ全地にわたり、その会堂に行って、福音を告げ知らせ、悪霊を追い出された」(マルコ1:35~39)

「イエスはガリラヤ全土を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病気、あらゆるわずらいを直された。イエスのうわさはシリヤ全体に広まった。・・・」(マタイ4:23~25節)

今日、もう一度あなたにとってイエスはどういうお方か、聖書の御言葉そのものに立って、シンプルにイエスの姿を問い直してみましょう。

マルコ1章、マタイ4章には、イエスが伝道を始められ、救い主としての業を始められた初期の記録が描かれています。その前後の文脈の中で、繰り返し描かれている、生身のイエスのお姿をはっきりと受け止めたいと思います。

1. 福音を宣べ伝えられた

福音とは何でしょう。神が私たちを愛し、救ってくださるという知らせ、ニュースです。神は私たちに命を与え、本当の命に生きるようにされました。しかし、神の御心にかなう人生を歩むことができない私たちに対して、神の側から救いの手としての、御子キリストを差し出し、キリストが私たちの罪を背負って十字架で死んでくださったのです。

私たちは十字架によって救われたのです。悔い改め、神の愛を信じ、受け入れるだけで、罪清められるのです。イエスがこの良き知らせを事実としてくださったのです。

イエスは、あらゆる町々村々、ガリラヤ全土、異邦人のところまで出掛け、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝えました。イエスは、救い主としてご自身の姿を現されたその瞬間から、福音を宣べ伝え、人々を神の救いへと導かれたお方です。

2. 全ての人を病から癒やされた

マルコ1章には、イエスの典型的な日常が描かれています。神を礼拝する会堂で悪霊を追い出し、シモンの姑の熱病を癒やし、「わたしの心だ、きよくなれ」と、ツァラアトに冒された人を癒やしました。

イエスの日常は、来る日も来る日も、人々と会えば神の愛を語り、魂の救いを語られた救い主であると同時に、病んでいる人と出会うと、ご自分の中にある救い主としての神の力で、人々をことごとく癒やし、彼らを支配している悪霊の力から解放していかれたのです。

これがイエスのリアルなお姿であり、シンプルな事実ですが、なぜか21世紀に生きる人々は、この部分に目を閉じてしまいがちです。聖書が伝えているイエスは、この世に神の御子として救いをもたらし、同時に必ず人々を癒やされた癒やし主(ぬし)です。

イエスは語ります、福音を伝え、人々を癒やすため、私は現れた!と。イエスはご自分の命までささげてくださり、罪からの救いを宣言し、永遠の命まで約束してくださいました。

このイエスが救い主として、私たちと接するとき、私たちが抱えている病に対しても、力強い癒やしの業を現されることを忘れてはいけません。イエスに心の目、信仰の目をシンプルに向けましょう。

イエスは、人を憎み、悪魔の手先となるような思いで生きてはいけないと語ります。主の前に悔い改め、主に仕え、主に喜ばれる人生を歩むために、私を癒やしてくださいと素直に祈ろうではありませんか。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース