教会を再建するためにイスラム教徒が協力 ブルガリア

2016年4月16日23時02分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
関連タグ:イスラム教
+教会を再建するためにイスラム教徒が協力 ブルガリア
ブルガリアのコズレットにある大天使ミカエル教会の鐘楼(写真:Haskovo.net)

ブルガリアのある小さな村に住むイスラム教徒が、約100年の歴史がある東方正教会の修復のために資金を集め、作業に協力した。イスラム教徒は、村民の10パーセントを占めるキリスト教徒のため、大天使ミカエル教会の修繕に約12万円を集めた。

コズレットはブルガリア南部のハスコヴォ州にあり、ギリシャとトルコとの国境に近い。鐘楼の修繕にかかる費用は約12万円だ。「鐘が落ち、それに伴い屋根が崩れる可能性がありました。村のキリスト教徒は、このことをとても心配していました。ですから私たちは、資金を集めることを決めたのです」とカディール・ベイナー村長はニュースサイト「Hascovo.net」に語った。

イスラム教徒と地域のキリスト教徒は共に、鐘室と、教会を囲むフェンスを修繕し、インテリアを一新するための資金を調達した。教会が正教会のイースターとなる5月1日に再開するときに、この鐘が鳴らされる予定だ。会堂管理人のペータルさんは、「テーブルも、フロアマットも、全て人々から集められたもので、全てが寄付されたものです」と語った。

以前、鐘は危険な状態にあり、奉神礼の参祷者の頭上にいつ落下してもおかしくなかった。ベイナー村長は、この困難な時が、2つの信仰の絆を強くする機会となったと述べた。

「私の記憶からすると、両親の属するムスリムのコミュニティーと、かつてこの村で多数派だったクリスチャンは共に生活していました」と村長は語った。双方のコミュニティーは信仰で結ばれ、それぞれの休日を共に祝った。「これは、人々の信仰が強まるだけでなく、イスラム教徒とキリスト教徒のいる村で、皆が自分の役割を果たすことで祈りの家を維持できるという確かなサインです。コズレットは、今この時、特に必要とされている寛容の確かな例です」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。
関連タグ:イスラム教

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース