ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(8)Aくんとその仲間がやってきた 高津恵子

2016年4月1日21時54分 コラムニスト : 高津恵子 印刷
関連タグ:高津恵子

信州からこんにちは。ちいさな絵本屋ノエルです。

さぁ学校が始まりますね!
不安と希望が入り混じるそんな時、お薦めの絵本です!

「となりにすんでるティムはとてもいやな子なんだ!
日ごろのティムのいじわるに、がまんがならないぼくは、
おばあちゃんにもんくを言った。そんなぼくに、
おばあちゃんが教えてくれた、
なかよしになるとくべつな方法とは、
ぼくにとって、とんでもないことだった!」

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(8)Aくんとその仲間がやってきた 高津恵子

『ティムはだいじなともだち』(メロディー・カールソン作、スーザン・レーガン絵、ホーバード豊子訳、いのちのことば社フォレストブック)

「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」
マタイの福音書22章39節 (本巻末より)

Aくんとその仲間が絵本屋ノエルにやってきたー(゚▽゚*)

この間のもめごとはどこ吹く風?みたいに・・・
こちらもポーカーフェイスで迎える。

だから、まじで怒ったほうが負けだね。
怒ったあと出るアドレナリンが6秒たつと収まっていくって、
だからやり過ごすことで、
さらなる怒りモードを回避できるとTVで言っていた。ほんとかな?

とにかく、どちらもあやまんない仲直りができた(まッいいか)
一緒に来たSくんがとってもいいキャラだった。この子のおかげですんなり仲直りができたのかもしれない。

Sくんは、始終にこにこして、いろんな話をしてくれる。
そして寡黙なFさんと共通の友人がいる施設の話で盛り上がっていた。
「この子が僕のこと好きなんだよ~」と携帯の画面をみんなに見せてくれた。
ダウン症のかわいい女の子。

Aくんのギターで春なのに「きよしこのよる」を歌った。
いいよね~みんなが歌える歌だもん。

さて、お昼の時間になり、私の提案で食べ放題のピザ店へ。

2人の食べっぷりがすごかった!!
こんなに食べる人見たの、ギャル曽根以来かもねw(゚o゚)w

Aくんは相変わらずストイックでしょうか?「飽きる」とおっしゃった。
私はSくんとは対照的に口が本当に悪い彼からデブデブとからかわれるので、
悔しくて?メーン皿の他の3枚でやめとく。(`ε´)

A君が紹介してくれたSくんとFさんは、私が数十年前保育実習で行かせていただいたH園にいたことがあるとのことで、なんとも不思議なご縁であった。
これは偶然ではなくて必然なのでしょうか?
とにもかくにも、楽しい時間でした。みんなに感謝ですね。ヽ(´▽`)/

車から降りるとき、Sくんが雨に濡れないように両手を広げて
私の傘になってくれました
「髪は女の命だよって、おかあさんが言うよ」って・・・

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(8)Aくんとその仲間がやってきた 高津恵子

はるくん、あたしがあなたの傘になったげるね・・・♡  なつ

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(8)Aくんとその仲間がやってきた 高津恵子

今、猫ブームですって!ネコノミクスだとか・・・
ブームっていつか、去るよね・・・

でも僕たちはいつも一緒だにー❤

<<前回へ     次回へ>>

高津恵子

高津恵子(たかつ・けいこ)

上田女子短期大学卒業、2007年JTJ宣教神学校神学部卒業。実家のホテルで20年勤務した後、保育園勤務。佐久市社会福祉協議会ボランティアスタッフ。「ブレッシング・ホームチャーチ」メンバー。10年から絵本屋「ノエル(NOEL)」を始める。1999年受洗。著書に、最新刊「心に寄り添うおとなの絵本(小さな絵本屋さんが綴った12のメッセージ)」がある。

ご注文は、全国のキリスト教書店、 Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

「ノエル」のブログ
【高津恵子著書】(Amazon)
【高津恵子著書】(イーグレープ)

関連タグ:高津恵子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース