難民擁護し人種差別的暴言と殺害予告受けた司祭が辞職 ドイツ

2016年3月9日23時33分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
関連タグ:ドイツ難民移民
+難民を擁護したことに対して人種差別的暴言と殺害予告を受けた司祭が辞職
コンゴ出身のオリバー・ンドジンビ・ツシエンデ司祭は2012年以降、ミュンヘン付近の教区で奉仕していた。(画像:st-martin-zorneding.de)

ドイツ南部で、殺害予告と人種差別的な暴言を受けたカトリックの司祭が辞職した。

コンゴ出身のオリバー・ンドジンビ・ツシエンデ司祭は6日の礼拝中、会衆に辞職する決断を告げた。

辞職に至った経緯は、ンドジンビ・ツシエンデ司祭と保守派の地域政党キリスト教社会同盟(CSU)所属の政治家2人との間の緊張が頂点に達したことだ。BBCの報道によると、66歳になるンドジンビ・ツシエンデ司祭は、その地域でのCSUの指導者シルビア・ボーハー氏が「兵役から逃げ出したエリトリア難民の侵入」について語ったことを非難した。

このコメントは、悲惨な報酬内容と過酷な状況の兵役から逃れてドイツに難民申請をするエリトリア人が急増したことに関連して出た。

ンドジンビ・ツシエンデ司祭の介入後、CSUのもう一人の政治家ヨハン・ハインドル氏が、司祭に人種差別的な暴言を吐いた。

ハインドル氏とボーハー氏は激しい非難を受け、両者ともその職を離れている。警察は現在、人種差別的扇動と暴言の疑いで捜査している。

教区のウェブサイトには、「私たちは殺害予告を受け、驚きと悲しみを受けています」とのコメントが掲載された。ンドジンビ・ツシエンデ司祭は2012年以降、バイエルン州ミュンヘン付近の街の教区で奉仕していた。

司祭の留任を願うオンライン署名サイトが開設されたが、ミュンヘン大司教区は4月1日にも司祭を新しい職に転任させることを計画していると述べた。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。
関連タグ:ドイツ難民移民

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース