聖職者の虐待描いたアカデミー賞受賞作、バチカン紙は評価

2016年3月8日14時51分 印刷
+映画「スポットライト=世紀のスクープ」
映画「スポットライト=世紀のスクープ」公式サイトのスクリーンショット

【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)が発行する新聞「ロッセルバトレ・ロマノ」は、カトリック教会の聖職者による性的虐待事件を暴く新聞記者を描き、このほど米アカデミー賞の作品賞などに輝いた映画「スポットライト=世紀のスクープ」について、反カトリック教会的な作品ではないと内容を評価する立場を示した。米メディアCNNが報じた。

ロッセルバトレ・ロマノは論説で、米紙「ボストン・グローブ」の編集部の戦いを扱った作品は、現実に直面した忠実な信者たちの衝撃や痛切な苦痛を代弁したものと指摘している。

同映画の製作者は、アカデミー賞授賞式で「作品は事件の体験者の声を浮き彫りにしたもの。この声が強まり、バチカンまで響き渡る聖歌になることを願った」などと述べていた。

同紙は、映画「スポットライト」は「物語の一端にしか焦点を当てていないが、性的虐待を受けた後、助けを求める神も見いだせなかった被害者の内部の荒廃を表現した」と称賛した。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース