牧師の小窓(17)福江等

2016年2月28日21時26分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等
+牧師の小窓(17)福江等
一の谷での洗礼式の風景(1975年ごろ)

病院の中で父はじっとベッドに横たわり、医師が懸命に治療に当たってくださいました。私たちは廊下のベンチでただひたすら祈っておりました。なかなか状況を知ることができませんでした。

一体父はどうなるのだろう。大丈夫なのだろうか、それとも大変なことになるのだろうか。私は次第に心配がこうじて恐れの気持ちが出てきました。

どうしてあのような無謀なことをしてしまったのだろうか、なぜ止めなかったのだろうか。あんな山の水に2月の一番寒い日に58歳の父を全身浸けるというようなことをすることが、いかに危険なことか、どうして私に分からなかったのか。しきりに自分を責めていました。

数時間たっても処置室の中から医師が出てきません。私は神様にただただ父の命だけは助けてほしいと必死に祈っていました。

そのうち、私の心の中に暗い思いが出てきました。もし、父が召されたら、私の牧師生命はこれで終わりだな、事件として明日の朝刊に大きく載るだろうな、見出しは「牧師、父親を洗礼式で死なせる」となるだろうな、そうなったらもう今までの伝道は全て水の泡と消えるだろう。教会も解散だな、何のために今日まで一心に伝道してきたのだろう、これで全てが終わりになるのであれば・・・。

暗い廊下で、私の思いはますます悪い方へ落ち込んでいくようでした。それと同時に、「主よ、父を助けてください、命だけは助けてください!」と心の中で叫んでいました。

父が処置室に入ってすでに数時間がたちました。やっと医師が私たちを中へ招き入れてくれました。父はまだ横たわっていましたが、危機を脱したようでした。医師は脊髄の髄液を検査してくださり、異常がないことを確認してくれたのでした。

やがて、父は起き上がり、私たちは心から安堵しながら家路に就きました。父にとって、これはまさに命がけの洗礼となったのでした。そして、この経験によって、父の信仰はゆるぎないものとなっていきました。全てのことを最善にしたもう神をあがめ、神の大きな憐れみを感謝しました。

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会facebook

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース