ようこそ!みのり農場へ(24)新しい年が明けました 星野敦子

2016年1月19日07時23分 コラムニスト : 星野敦子 印刷
関連タグ:星野敦子

新しい年が明けました

ようこそ!みのり農場へ(24)新しい年が明けました 星野敦子

いつも1月1日に、横浜から泊まりに来てくださるご家族たち。今年は、ご兄弟のそれぞれのご家族に加え、そのご両親も一緒にいらしてくださいました。

弟さんは、横浜の石川町で和食の会席料理のお店を経営されていて、写真のようなおせち料理を予約販売されているのですが、暮れには何日も徹夜で仕込みをし、31日にお客様に引き渡しが終了すると、みのりに出掛けて来てくださいます。

今年はみのりの花豆も使っていただけました。そして、このような素敵な作品を朝一番に届けてくださいました。一つ一つの料理に、ただただため息が出るばかりで、食べてしまうのがもったいないようでした。ありがとうございました。

雪がなくても

ようこそ!みのり農場へ(24)新しい年が明けました 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(24)新しい年が明けました 星野敦子

毎年、夏と冬に5家族で出掛けて来てくださる、仲良しグループの皆さん。今年はこの暖冬で、どのスキー場も雪不足。みのりの周囲もご覧の通り。十分にスキーや雪遊びが楽しめるかどうか不安でした。

でも、そんな中、「みんなみのりが大好きだから、キャンセルなしで今年も5家族25名で行きます!」という温かいお電話を頂き、この週末を迎えました。

初日は、片品の中では一番雪がある丸沼高原スキー場に出掛け、お天気にも恵まれてとても楽しんで帰ってきました。

そして2日目。いつもはみのりの庭で目いっぱい雪遊びをするところ、今年はやっぱりスキーだよねっと思っていると、出掛けたのは3人だけ。

残りのみんなは「みのりで遊ぶ=!!」ということで、アウトドア大好きのパパたちの計らいで、なんと1月に、葉っぱを集めてのたき火が始まりました。

そして、エネルギーの有り余った子どもたち、「行けー!!」とばかりに、たき火飛び越え合戦。そのうち、パパたちも「えい~!!」。

残りの灰には、サツマイモを投入。たっぷり遊んだ後はみんなで昼食を食べ、焼き芋もほおばり、また夏に再会をということで、帰宅しました。

本当にこのようなリピーターさんたちに支えられ、感謝の一言です。

やっと積もりました~

ようこそ!みのり農場へ(24)新しい年が明けました 星野敦子

1日明けての今朝は、昨日の風景とは打って変わって約2カ月ぶりの積雪。今シーズン初の除雪車出動となりました。都会の方は、大混乱のようですが。

小鳥たちもピチピチと楽しげです。

ようこそ!みのり農場へ(24)新しい年が明けました 星野敦子

ギリシャ語の響き

ようこそ!みのり農場へ(23) 星野敦子

片品村伝道所の渡辺俊彦牧師が最近出版された本です(発行元:イーグレープ)。その中から。

「泊まる」

私たちが「泊まる」という言葉を聞くと、旅行先のホテルや旅館などを連想するのではないでしょうか。この宿泊する部屋ですが、よく考えてみると、部屋の主人がいません。この私が、その部屋に宿泊することによって主人を得ることになります。つまり、部屋は、主人が不在であると同時に、主人を待っているということです。

泊まるは、ギリシャ語で「メノー」です。このメノーは「存続する」「生き続ける」「何かがそのようにある状態にとどまる」「滞在する」などの意味があります。新約聖書には108回使用され、特にヨハネ文書には67回使用されています。この言葉の使用方法として特徴的なことは「神の不変性を表す」ということです。

ヨハネは「わたしが父におり、父がわたしにおられることを、あなたは信じないのですか。わたしがあなたがたに言うことばは、わたしが自分から話しているのではありません。わたしのうちにおられる父が、ご自分のわざをしておられるのです」(ヨハネ14:10)、「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛しました。わたしの愛の中にとどまりなさい。もし、あなたがたがわたしの戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。それは、わたしがわたしの父の戒めを守って、わたしの父の愛の中にとどまっているのと同じです」(ヨハネ15:9、10)と語っています。

ヨハネは、この語を用いて、父なる神とイエス様、そしてクリスチャンたちとの交わりを強調しています。この交わりは「恒久的な交わり」を示しています。別な言い方をすると、イエス様の愛の言葉に「とどまる」者は、真の意味で生きることができるということです。

ヨハネは、葡萄(ぶどう)の木につながることを強調することによって「実を結ぶ」と語っています。この実は、クリスチャンの特権です。この実は、神を信じない者は決して結ばないからです。

パウロは、召されたときのまま「とどまっていなさい」(Ⅰコリント7:20)と勧めます。私たちの内の空き部屋に、イエス様を主人としてお迎えする者の生涯は、本当に豊かです。この世とは別次元の生涯を生きることができるからです。

<<前回へ     次回へ>>

星野敦子

星野敦子(ほしの・あつこ)

1955年栃木県宇都宮市生まれ。父の転勤により、東京、山形を経て再び東京へ。最終的には吉祥寺に落ち着く。趣味のスキーが縁で、夫と知り合い、83年に群馬県片品村に嫁ぐ。夫が農家なので、全くの未経験だったが、一緒に農業を始める。義父からの経営委譲をきっかけに、それまでの出荷型の農業から、直売型に転換し、87年頃から、リンゴ狩り直売を始め、約10年かけて農地を約8000坪に集約し、その中に94年には農家民宿、2000年には農家レストランを建設。4年前からは、レストランの料理も担当。

2005年、東京の上馬キリスト教会の渡辺牧師により、受洗。夫もクリスチャン。上馬キリスト教会片品伝道所として、現在に至る。

「ようこそ!みのり農場へ」ホームページ

関連タグ:星野敦子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース