英国の研究者、法医人類学の手法を用いてイエスの顔の「最も適切な再現」試みる

2015年12月15日23時58分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
関連タグ:イギリス

キリスト教徒にとって、イエス・キリストがどのような姿だったかは謎だ。新約聖書にはイエス・キリストの外観について詳細な記述がなく、彼を描いた絵画なども発見されていない。結果として、キリストは時代の変化、文化の違いに伴い、人々によってさまざまな外観で表現されている。

幸いにも、このイエス・キリストの姿という疑問に対し、科学が最終的に答えを見つけたかもしれない。

法医人類学という新しい研究分野の助けを借りて、英国の研究者がイスラエルの考古学者とチームを組み、歴史上最も適切と考えられるイエス・キリストの顔を発表した。

英国の研究者、法医人類学の手法を用いてイエスの顔の「最も適切な再現」試みる
法医人類学者リチャード・ニーブ氏による、想像上のイエスの顔の再現(画像:ウィキペディアより)

研究者たちは、どれほど正確にこの偉業を成し遂げたのだろうか。エスクワイア誌のウェブサイトに掲載された記事に詳細が書かれている。

マタイによる福音書の記述によると、ゲッセマネの園でイエスが逮捕されたとき、弟子たちとイエスを見分けるのが難しかったという。そのことから、研究者たちは、キリストがその当時のガリラヤのセム族に典型的な外観をしていただろうと推定した。

このことを念頭に置き、調査チームは、イエスが生活し宣教していたエルサレムから、保存状態のいい頭蓋骨を3体入手した。

イングランドのマンチェスター大学所属のメディカルアーティスト、リチャード・ニーブ氏が頭蓋骨の評価を担当した。ニーブ氏のチームは、特殊なコンピュータープログラムを用いて、頭蓋骨の上に筋肉と皮膚を再構築した。

しかし頭蓋骨からは、イエスの外観の鍵となる情報のうち2つ、頭髪と肌の色を得ることができなかった。頭髪と肌の色を決定するために、研究者たちはイスラエルのさまざまな考古学的遺構で見つかった絵画を分析した。

最終的に研究チームは、イエスが黒い瞳を持ち、ユダヤの伝統に従ってあごひげを蓄えていたと結論づけた。

イエスの髪の長さについて、研究者はストレートの長髪という一般的なイメージとは違う見方を示した。代わりに、聖書の分析に基づき、強いカールのかかった短髪だったと推測した。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
関連タグ:イギリス

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース