天からの火で滅ぼされた町ソドム ついに死海北東部の遺跡タルエルハマムと断定か

2015年11月16日20時22分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+天からの火で滅ぼされた町ソドム ついに死海北東部の遺跡タルエルハマムと断定か(動画あり)
考古学者のスティーブン・コリンズ氏(写真:ユーチューブの動画より)
- 広告 -

旧約聖書に登場するソドムとゴモラといえば、その罪が極めて重かったために、神が天から降らせた硫黄の火によって滅ぼされてしまった町のことだ。天からの火で、住んでいた人々から植物まで、ソドムとゴモラ一帯の低地全体は燃え尽きてしまい、現在の死海に沈んだと伝えられてきていた。実際、考古学調査でも、死海の北東部に、ソドムとゴモラがあったとされる有力な10の候補地が発見されている。

その中でも、タルエルハマムという最大規模の遺跡こそが、当時その地方で最大の町であったソドムではないか、とトリニティー・サウスウエスト大学(米ニューメキシコ州)の考古学者スティーブン・コリンズ氏は主張していた。コリンズ氏が2009年までに発表した報告書は、研究者の間でも高い評価を得ていたが、それを裏付けるための発掘調査は、イスラエルとパレスチナの抗争のあおりを受けて、一時期は閉鎖を余儀なくされるなど難航していた。しかし、ここ10年間の発掘作業から、コリンズ氏ら発掘プロジェクトに携わる研究者は、ついにタルエルハマムがソドムであるという確信に至ったという。英ニュースサイト「デイリーメール」などが報じている。

ヨルダン川の東平野にあるタルエルハマムは、存在する地理上の位置が旧約聖書に記述されるソドムの描写と一致している。推定年代は、紀元前1540年から3500年の間にまでさかのぼることができ、青銅器時代における巨大な都市であった。また、ソドムは神によって天からの火で1日のうちに滅ぼされたが、タルエルハマムの発掘物は、この町がある時突然人々に見捨てられ、その700年後に再建されたことを明らかにしているという。

創世記では、神に滅ぼされる前のソドムは、「主の園のように、エジプトの地のように」栄えていたと記されている。タルエルハマムの発掘が2005年に始まるまで、ヨルダン川南部における青銅器時代についての詳細はほとんど知られていなかったが、これまでの発掘から、この大都市が非常に高度な技術を持った社会を形成していたことが分かったという。町は厚さ約5メートル、高さ約10メートルの、門と監視塔を備えた頑丈な城壁に囲まれ、整備された道路や広場があり、交易においても重要な場所であったことが推定される。

青銅器の終わり頃になぜこの町が突然人々によって見捨てられることになったか、それはまだ明らかになっていないが、大きな地震が起こった直後のことではないかと、コリンズ氏は考えている。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング