石田順朗牧師が召天 元ルーテル世界連盟神学研究局長

2015年11月19日15時12分 印刷
+石田順朗牧師が召天 元ルーテル世界連盟神学研究局長
5日に召天した元ルーテル世界連盟神学研究局長の石田順朗牧師(写真:大柴譲治牧師提供)

日本福音ルーテル教会引退教師で元ルーテル世界連盟(LWF)神学研究局長・九州ルーテル学院大学名誉学長、神学博士の石田順朗(いしだ・よしろう)牧師が5日、埼玉石心会病院(埼玉県狭山市)で召天した。LWFが13日に公式サイトで報じた。87歳。

石田牧師の記念礼拝は29日(日)の午後2時から3時まで、ルーテル学院大学チャペル(東京都三鷹市3−10−20、電話:0422・31・4611)で、大柴譲治牧師(日本福音ルーテル武蔵野教会)と平岡仁子牧師(同保谷教会)の司式により行われる。喪主は石田グロリア夫人。説教は清重尚弘牧師(九州ルーテル学院大学院長・学長)が行う。「お祈りください」と大柴牧師は呼び掛けている。

なお、大柴牧師によると、「ご遺族の希望により、喪服は遠慮ください。また、御花料は謹んでご辞退申し上げます」とのこと。

石田順朗牧師は1928年10月6日、沖縄生まれ。46年7月4日に宮古キリスト教会(沖縄)にてトムセン牧師より受洗。48年1月1日に日本福音ルーテル京都教会で岸千年牧師より堅信を受けた後、日本ルーテル神学校、シカゴ・ルーテル神学大学大学院卒業。55年に日本福音ルーテル教会の教職按手を受け、稔台教会、久留米教会、市ヶ谷教会を牧会した。

その後、57年5月12日に日本福音ルーテル室園教会にてグロリア夫人と結婚。5男1女をもうけた。

そして、日本ルーテル神学大学教授、ルーテル世界連盟(LWF)神学研究局長、シカゴ・ルーテル神学大学院世界宣教室室長を経て、九州ルーテル学院大学学長、刈谷教会牧会委嘱。2012年11月4日より日本福音ルーテル武蔵野教会員となり、4カ月に一度のペースで主日礼拝説教を担当。『むさしの教会だより』(隔月刊、1300部発行)巻頭言の執筆を14年5月号より15年9月号まで担当した。

著書に『エペソ人への手紙・ピリピ人への手紙・コロサイ人への手紙講解』(共著、信徒のための聖書講解、聖文舎、1961)、『教会の伝道』(聖文舎、1972)、『牧会者ルター』(聖文舎、1976、復刻版:日本基督教団出版局、2007)、『神の元気を取り次ぐ教会―説教・教会暦・聖書日課・礼拝』(リトン、2014)、訳書にジョージ・フォレル著『決断の倫理―キリスト教倫理入門』(聖文舎、1962)がある。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング