カトリック美術家・長谷川路可のフレスコ画「長崎への道」、半世紀ぶりに修復

2015年11月16日20時52分 印刷
関連タグ:日本二十六聖人
+カトリック美術家・長谷川路可のフレスコ画「長崎への道」、半世紀ぶりに修復
今回修復された長谷川路可のフレスコ画「長崎への道」を所蔵する日本二十六聖人記念館(写真:contributions)

カトリック美術家として宗教画に取り組んだ長谷川路可(1897~1967)が制作し、現在日本二十六聖人記念館(長崎市西坂町)にある壁画「長崎への道」が、壁画修復士として活動する東京文化財研究所の前川佳文さんにより半世紀ぶりに修復された。朝日新聞が伝えた。

今回修復された「長崎への道」は、縦約2・7メートル、横約6・5メートルで、1597年にキリシタン弾圧で処刑された日本二十六聖人が、京都で捕らえられ、市中引き回しにあった後、歩いて長崎まで連れられ、西坂で処刑されるまでの様子が描かれたフレスコ画。67年に製作されたが、路可はその前年に同記念館でフレスコ画「ザヴィエル像」を制作した後、心臓病に倒れ、入院した。「長崎への道」はその翌年に制作され、路可の遺作となった。

フレスコ画といえば、ミケランジェロらがルネサンス期に描いた壁画などが有名だが、そのフレスコ画の技法をヨーロッパで身に付け、日本に持ち込んだのが長谷川路可だ。1897年に東京で生まれた路可は、暁星中学時代に洗礼を受け、カトリックに入信している。「路可」は雅号で、洗礼名にちなんでいる。

卒業後、南画を習得し、東京美術学校の日本画科に入学。1921年にはフランスに留学し、洋画技法を習得した後、26年にフォンテーヌブロー研究所においてフレスコ画の技法を学んだ後、27年に帰国。翌年には、東京都狛江市の伊東家聖堂(現在のカトリック喜多見教会)に日本で最初のフレスコ壁画を制作し、その後、教育施設や文化施設などで多くのフレスコ、モザイク壁画を制作した。

路可は日本だけでなく、51年から59年にかけて、イタリア共和国ラツィオ州ローマ県にあるチヴィタヴェッキア市の日本聖殉教者教会聖堂にも「日本二十六聖人」の壁画をフレスコ画で制作している。その他にも、ローマ市内にあるウルバノ大学で「聖ザヴェリオ」のフレスコ画を残している。また、平信徒でありながら、4人のローマ教皇(ピウス11世、ピウス12世、ヨハネ23世、パウロ6世)に拝謁した人物としても知られる。

朝日新聞によると、今回修復をすることになった前川さんは、中学生の頃、イタリア・ローマのシスティーナ礼拝堂にあるミケランジェロの壁画の修復をテレビで見て興味を持ち、イタリアに渡って経験を積んだ。2012年に日本に戻り、13年から路可について調べていたところ、折しも「長崎への道」の傷みに悩んでいた記念館から相談を受け、修復することになったという。

関連タグ:日本二十六聖人

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

ヒルソングが日本語CD「なんて麗しい名」を初リリース 日本の次世代賛美の牽引役となるか? 実際に聴いてみた!

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」に見るSNS世代の複雑さと素直さ

元AKB48の竹内美宥さん、教会の音楽集会に出演 「苦しいとき、いつも神様に祈った」

有名俳優たちが聖書の世界を忠実に再現 無料アプリ「聴くドラマ聖書」、9月リリース

首都圏最古、かやぶき屋根の「旧手賀教会堂」を守ろう 柏市がふるさと納税活用したCF型募金

礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況

日本福音ルーテル熊本教会、国の登録有形文化財へ ヴォーリズ晩年の作

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース