国内最古の現存教会 大浦天主堂で献堂150周年記念ミサ

2015年2月22日08時58分 印刷
+国内最古の現存教会 大浦天主堂で献堂150周年記念ミサ
19日に献堂150周年を迎えた大浦天主堂。フランスのパリ外国宣教会の神父らによって1863年から建築が始まり、64年12月末に竣工。翌65年2月19日に献堂式が行われた。禁教令廃止に伴う信徒増加で手狭になり、79年に当初の2倍の大きさに拡張する大改築を行い、現在のゴシック様式の礼拝堂が誕生した。(写真:陳ポーハン)

現存する国内最古の教会である大浦天主堂(長崎市)で19日、献堂150周年を記念するミサが行われた。

ミサは、高見三明・カトリック長崎大司教を主司式とし、約20人の司祭団による共同司式のもと行われ、信徒ら約200人が参加した。長崎大司教区によると、新しい祭壇の祝福式と教区シノドス(教区代表者会議)の提言書署名式も併せて行われた。

大浦天主堂は、豊臣秀吉のバテレン追放令により日本最初の殉教者となった日本二十六聖人にささげる教会堂として、1865年に建てられた。正式名は「日本二十六聖殉教者堂」で、二十六聖人の殉教地である長崎市西阪に向けて建てられている。1953年に国宝に指定され、ユネスコの世界文化遺産登録を目指している「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の主要構成資産でもある。

完成した大浦天主堂は当時、「フランス寺」「南蛮寺」などと呼ばれ、2月19日に献堂式が行われてからは一般にも公開された。献堂式から約1カ月後の3月17日、長崎市浦上の隠れキリシタンらが訪れ、信仰者であることを神父に告白。バテレン追放令や後の禁教令でキリスト教信仰が禁止されて以来、約250年にわたって隠れながらも信仰を守り続けてきた人々がいたことが明らかになった。

今年はこの「信徒発見」の150周年でもあり、記念公開講座やシンポジウム、特別展などさまざまな催しが行われる。また、3月17日には大浦天主堂で、ローマ教皇特使としてフィリピン・コタバト大司教のオルランド・ケベド枢機卿を迎えての記念ミサ、全6回にわたる連続ミサ、祝賀演奏会などが行われる。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース