気候変動、移民改革で教皇フランシスコと連帯を カトリックの学生が連邦議会で集会

2015年11月12日15時59分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+カトリックの学生が連邦議会で集会 気候変動、移民改革について教皇フランシスコと連帯
気候変動、移民改革、中央アメリカ地域の人権問題について教皇フランシスコと連帯するよう議員に働き掛けるため、ワ シントンDCにある連邦議会議事堂の西側芝生に集まった参加者たち=9日(写真:クリスチャンポスト/サミュエル・スミス)

全米から集まったカトリックの学生数百人が9日、ワシントンDCで議員らと面会し、気候変動、移民改革、中央アメリカ地域の人権問題について教皇フランシスコと連帯するよう求めた。

25の州とカナダ、エルサルバドル、メキシコにある90のカトリック系団体から集まった参加者は、そのほとんどが大学生や高校生で、今週末、毎年行われる「イグナチオ・ファミリー社会正義のための討論集会」のために集まった。

9日朝、「イグナチオ連帯ネットワーク」はこの週末の集会の最後に、今年最大規模のカトリックの集会となる連邦議会議事堂付近での啓発デーを主催した。

参加者はまず初めに、議事堂の西側芝生に集まり、9月24日に教皇フランシスコが議会演説で触れた米国の社会的、道徳的課題について行動するよう議員に呼び掛けた。

集会の後、参加した学生は、議員と米国の中央アメリカ、移民、刑事裁判、気候変動についての政策への個人的な懸念について論じる機会を持った。

「教皇フランシスコは、たった6週間前にここに来られ、すぐ上のバルコニーにいらっしゃいました。そしてこの場に集まった人々に語り掛け、この国をよくするために行動するよう励ましました」と、主催団体の常任理事シモーネ・キャンベル修道女は学生に語り掛けた。「正義を通じた信仰がこの地を、人々を、政治をよくするのです。ですから皆さんはこの時を、橋を架け、この国を変え、人々に希望を与えるために用いてください」

議員の約4分の1が参加者と懸念について論じる機会を持った。学生たちは共和党優勢の上院議員に、気候変動についての教皇フランシスコの回勅「ラウダート・シ」を支持するよう呼び掛けた。さらに、「ラウダート・シ」の視点から環境問題を扱い、クリーン・エネルギーを採用するよう求めた。

「カトリック信仰の面を除けば、『ラウダート・シ』は道徳についての文書です。道徳には誰もが同意しますから、これは党派を超えたものです」と、ミズーリ州セントルイスにあるセントルイス大学の学生トム・シュルテさんは述べた。「私たちがお会いしたのは、皆共和党員です。ですからほとんどの方、特にミズーリ州の方は、経済活動が枯渇性資源をもとに行われていることから、クリーン・エネルギーをあまり推進しないそうです。私はこのことについて議員の方の答えを聞き、どこの選挙区からの選出なのかを聞けてとてもうれしいですし、議員の方も私たちのものの見方を知り、認識することができたので良かったです」

なお、学生たちは緑の気候基金(the Green Climate Fund, GCF)への資金援助を求めてロビー活動を行い、11月30日から12月11日に開催される2015年度の国連気候変動枠組条約締約国会議に向けて包括的な取り組みをするよう求めた。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース