米国の福音派、死刑に対する態度を軟化

2015年10月21日23時53分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+米国の福音派、死刑に対する態度を軟化
米カリフォルニア州のサンクエンティン州立刑務所内にある薬物注射による死刑執行室

米国の死刑廃止活動家は、影響力を持つ団体の一つである米国福音同盟(NAE)が19日、死刑への強い支持をトーンダウンさせる決議を発表したことで、より力づいただろう。

15日に可決された決議では、「福音派キリスト教徒は死刑に対する信条がそれぞれ違っており、死刑の公正な性質と全ての生命の不可侵性のどちらについても、聖書的な、また神学的な強い根拠を引用して説明しています。凶悪な犯罪を犯した人でも、まだ悔い改め、造り変えられる余地があるということです。私たちはキリスト教倫理として、どちらの流れの良心の在り方も正しいと確証します」と述べている。

この新しい決議は、死刑廃止や執行停止を呼び掛けているわけではないが、死刑に反対する立場の強さを認める点で、進歩だと捉えられている。

1973年に可決されたNAEの前回の決議では、死刑執行数の減少を遺憾に思い、身体的な傷害を伴うハイジャック事件や誘拐事件などの犯罪について、死刑を法定刑とするよう法制化を呼び掛けている。

1942年に創設されたNAEには、約40の教派の4万5千以上の教会が加盟している。死刑を支持する福音派キリスト教徒の数は近年減少しており、2014年には59%と、2011年の76%から大きく割合を落としている。また、国内全体の割合に近くなっている。

新しい声明が死刑廃止を呼び掛けるところまで至っていないことに一部の活動家は失望しているが、死刑制度の欠点には言及している。声明は、「目撃者の誤り、自白の強制、検察の職権乱用、人種間不平等、無能な弁護人、陪審員への不適切な説明、死刑にしないという陪審員の決定を覆す判事、自身の行った犯罪を理解する精神的能力に欠ける者の誤った収監」だと指摘している。

また、DNA判定によって覆された、誤った有罪判決の多さにも言及し、「極刑に対する考え方はそれぞれ違うものの、福音派キリスト教徒は刑事裁判制度を改善するよう一致して呼び掛けます」と述べている。

この声明では、福音派は「死刑に対する道徳的な反感や嫌悪は、反対する有効な理由ではないと考えています」と述べているが、死刑に反対する立場の強さを認めている。声明はモーセの律法の基準を引用し、「現代の米国の社会制度はその基準に達しているとは考えづらく、死刑犯罪の非常な深刻さを考慮した時、有罪判決後の再審無罪判決があまりにも多く、急速な改善を呼び掛けざるを得ません」とつづっている。

論評者たちは、福音派の中絶反対というプロライフの姿勢に照らし合わせ、死刑に対する歴史的な強い支持の矛盾を指摘してきた。

教皇フランシスコは米国を司牧訪問中、世界中での死刑廃止を呼び掛け、特に共謀して夫を殺害したとして死刑判決を受けたケリー・ギッセンダーナー元死刑囚の死刑執行を取りやめるよう当局に働き掛けていた。ギッセンダーナー元死刑囚は、9月30日に死刑を執行された。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース