強姦事件で70代男性に再審無罪 「少女の証言は虚偽」 国・大阪府相手取り国家賠償請求する考え

2015年10月16日17時53分 印刷
+強姦事件で70代男性に再審無罪 「少女の証言は虚偽」 国・大阪府相手取り国家賠償請求する考え
大阪高等・地方・簡易裁判所合同庁舎本館(写真:スケロク)

強姦(ごうかん)罪などで懲役12年の判決を受け服役していた70代男性の再審で、大阪地裁は16日、被害者とされた当時10代の少女だった女性らの証言に虚偽があったとし、無罪を言い渡した。大阪地検は即日上訴権を放棄し、無罪が確定。男性は、国と大阪府を相手取り、国家賠償請求訴訟を起こす考えだという。時事通信などが伝えた。

報道によると、男性は08年、当時10代の少女だった女性に性的暴行などを加えたとして、強姦罪や強制わいせつ罪で逮捕・起訴された。一貫して無罪を主張してきたが、女性の被害証言などに基づき一審で懲役12年が言い渡され、二審も一審を支持。最高裁が上告を棄却して11年に刑が確定していた。

しかし、昨年になって証言が虚偽だったと、女性と目撃者とされた女性の兄が告白してきたことから、男性が再審を請求。大阪地検の再捜査で、性的被害の痕跡はないとする診療記録も見つかったという。そのため大阪地検は昨年11月、刑の執行を停止して男を釈放していた。

関連記事


新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月8日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 4,257
(+351)
1,275,104
(+68,514)
死者数 81
(+1)
72,523
(+5,013)
回復者数 622
(+30)
297,401
(+22,712)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース