ネパールの改宗禁止法、信教の自由を侵害する恐れ 専門家が警告

2015年7月22日11時31分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+ネパールの改宗禁止法、信教の自由を侵害する恐れ 専門家が警告
ネパールの首都カトマンズ(写真:Royonx)

ネパールで検討されている改宗禁止法が、同国内での信教の自由を侵害する恐れがあると専門家が警告している。

ネパールでは今、憲法の新しい改正案が起草されており、現在進められている改正案には次のような条項が含まれている。「誰も、公の秩序を乱し、または公の平和、地域の平和を乱すような振る舞いや行動、企てをしてはならない。そして誰も、他者をある宗教から他の宗教へ変え、あるいは改宗させようと試みてはならず、また、他者の宗教を妨害、あるいは危険にさらすこともしてはならず、そのような行いや活動は法により罰せられる」

キリスト教の迫害監視団体である世界キリスト教連帯(CSW)は、このような表現はネパール国民の信教の自由を「厳しく制限」しかねないと警告している。

CSWは、13日に発表した声明の中で、この条文は「自分の信仰を選んだり変えたりすることが、個人の自発的な選択や個人の権利に関することであるという認識を欠いている」と述べた。そしてこの改正案は「国際的な人権の枠組みと合っていない」と指摘した。

CSWはまた、この改正案が、自分と異なる信仰を持つ人に対して、自分の信仰について話すことが、相手を改宗させようとしたと見なされ、法的に罰せられる可能性があると懸念を示した。「この条文は、全ての人に対して国際的に保障されている2つの基本的人権を脅かします。一つは表現の自由の権利で、もう一つは自身の選択に基づいて宗教を信仰し、言動によってその宗教を明らかにする権利です」

ネパールは2008年まで、世界で唯一のヒンズー教国家だったが、その後世俗国家であり共和国であると宣言した。しかし、右派の国民民主党が全ての宗教の改宗を禁ずるよう呼び掛け、報告によれば、政府は3日にそれに同意したという。

インドと国境を接する5つの州は現在改宗禁止法があり、他の宗教に改宗したい者は、まず当局の許可を受けなければならない。宗教の指導者たちも改宗を報告することが義務付けられており、違反すれば3年間の懲役刑が科される可能性がある。

ネパールは、2800万人の国民のうちヒンズー教徒が圧倒的多数で、キリスト教徒は2%以下。

CSWのマービン・トーマス代表は、「宗教を選び、変える自由は、国際的な人権の原理を堅持するどんな憲法においても必ず標榜しなければならない不可欠な部分です」と言う。「ネパールは、自身の選択に基づいて宗教や信念を持ち、あるいは変更することを含む思想、良心、信教の自由を保障する『市民的及び政治的権利に関する国際規約』(ICCPR)の締結国です。CSWは、ネパールの全ての政党と指導者たちに、新憲法でもこの権利を完全に保障することを主張するよう働き掛け続けます」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース