ローマ教皇「ここ25年、テレビ見ていない」

2015年5月29日23時13分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+ローマ教皇「ここ25年、テレビ見ていない」
(写真:Jeffrey Bruno)

ローマ教皇フランシスコが、1990年から実に四半世紀にわたってテレビを見ていないと明かした。

アルゼンチンのデイリー・テレグラフ紙とのインタビューで、教皇は「テレビは自分には不要の物」と決めたと語った。サッカーファンで知られる教皇は、好きなサッカーチームであるサン・ロレンソの試合中継すら見ず、スイス傭兵に観戦を尋ねているという。

他にも、新聞はイタリアの中道左派紙である「ラ・レプッブリカ」1紙しか読まないと言い、バチカンの新聞「オッセルバトーレ・ロマーノ」より好きだと暗に示した。

以前の生活で何を最も懐かしく思うかという質問に対しては、かつては外を散歩し、ピザを頼むことを楽しんでいたと答えた。インタビュアーがピザの配達を頼むこともできるのではないかと尋ねると、教皇は「はい。しかしそれはまた違います。その場に、ピザ屋に行くのがいいのです」と答えた。また「私は長い間、いつもよく散歩していました。私がまだ(ブエノスアイレスで)枢機卿だった頃、通りを歩くことがとても好きでした」と語った。

教皇はまた、熟睡できるが、早起きしてしまうことも明かした。普段は夜9時ごろベッドに入り、1時間ほど読書してから寝て、朝4時には起床するという。そして昼間にはシエスタ(昼寝)をするという。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース