青山学院大でCCMのレクチャー・コンサート 「音楽は心から神を礼拝するための文化的手段」

2015年5月13日19時04分 記者 : 竹村恭一 印刷
+青山学院大でCCMのレクチャー・コンサート 「音楽は心から神を礼拝するための文化的手段」
毎回違うジャンルのキリスト教音楽を扱っているレクチャー・コンサート。今回はコンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック(CCM)を扱った。「キリスト教音楽の多様性を知ってほしい」と同学院宗教部長のシュー土戸ポール准教授は言う=8日、青山学院講堂(東京都渋谷区)で

青山学院講堂で8日、レクチャー・コンサート「45 Streets Band: Next Generation Worship」が行われた。同大学の共通教養教育カリキュラム「青山スタンダード」のコアとなるキリスト教理解関連科目の特別講座として行われているイベントで、レクチャー(講義)とコンサートを兼ね合わせた形式で毎回違うジャンルのキリスト教音楽を扱っている。一般にも公開され、在学生以外も“受講”が可能。この日は大学生以外にも、同学院高等部の生徒や保護者、また大学の卒業生や教職員の家族など約800人が集まった。今回はコンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック(CCM)を扱い、東京・代官山にある東京バプテスト教会のユースパフォーマンスチーム「45 Streets Band」が出演した。

講壇に立った同学院宗教部長のシュー土戸ポール准教授が初めに、「キリスト教音楽の多様性を知ってほしい」と目的を語り、コンサートがスタート。キリスト教音楽の本質は特定のジャンル、スタイルではないと言い、「会衆が参加し、神との関係を築き、味わうのが特徴。あらゆる時代、あらゆる場所の最新のスタイルがキリスト教音楽になり得るのです」と、分かりやすい言葉で語り掛けた。

礼拝の意味については、「神の性質を祝い、味わえる時であり、自分が受け取るためではなく、神に自分をささげる」ことだと説明。その中には、癒やし・愛・希望・平安・喜びを持っている自分を表現することも含むという。「だから楽しいで終わってはならない。その先にある自分をささげることが礼拝。神様は私たちと親子のような関係を築きたいと言っている。それを知ってほしい」と語った。

青山学院でCCMのレクチャーコンサート「音楽は心から神を礼拝するための文化的手段」
シュー土戸ポール准教授(中)と、この日はドラムもたたいたクリス・マカトリー牧師

東京バプテスト教会のクリス・マカトリー牧師も、「今日は座って大人しく“鑑賞”するようなコンサートじゃありません。一緒に楽しく歌って、自由に飛び跳ねて神様との時間を楽しみましょう!」と観客を巻き込むMCで盛り上げた。

45 Streets Band が同大で賛美を披露するのは今回で3回目。ポール准教授は長年、学生たちの心に届く賛美を広めたいという情熱を持っていたという。そこで、CCMが好きな友人でもあるクリス牧師との親交から、「レクチャーを兼ねて賛美の文化を伝えられないか」と考え、今回のレクチャー・コンサートが実現した。

東京バプテスト教会が行うプログラムの一環で結成された 45 Streets Band は、旧約聖書のミカ書4章5節の「どの民もおのおの、自分の神の名によって歩む。我々は、とこしえに我らの神、主の御名によって歩む」という言葉をテーマにしている。「僕たちは、ただ言葉だけじゃなくて自分たちの行動や生き様でイエスを伝えていく。ただ奉仕するのではなく、神様との関係を楽しみ、自分たちで賛美しているんだけど、集まった人みんなで楽しめるように伝えています」とクリス牧師。この日は、歌や楽器による演奏だけではなくダンスも披露し、集まった“受講生”と共に神とのひと時を楽しんだ。

青山学院大でCCMのレクチャー・コンサート 「音楽は心から神を礼拝するための文化的手段」
東京バプテスト教会のユースパフォーマンスチーム「45 Streets Band」のダンスパフォーマンス。歌やダンスもその時代のトレンドやスタイルを取り入れ、「神の愛を心に届かせ、なおかつ自己表現できる」形にしている。

新約聖書によれば、教会には当初から国際色豊かな人たちが集まり、時にはそれぞれのアイデンティティーがぶつかり合い、文化や慣習、伝統などをめぐって争いがあった。しかし、「文化ではなく、イエス・キリストのもたらした福音が中心。音楽は自己表現であると同時に心から神を礼拝するための文化的手段」とポール准教授。世界中の賛美のスタイルと文化に触れ、「賛美はどれが良いか、悪いかではなく、一人ひとりの心に神の愛が届く形が真に目指すべき姿」と語った。

次回のレクチャー・コンサートは、6月5日(金)午後6時半から、バロック時代の音楽を古楽器で演奏するグループとして世界最高峰の一つに数えられる「バッハ・コレギウム・ジャパン」(BCJ)を迎えて、青山学院講堂で開催される。BCJを招いてのコンサートは毎年開催されており、人気も高く今年で12回目。バッハが音楽を通して表そうとしたキリスト教信仰や作品の時代的背景について、BCJ音楽監督で熱心なクリスチャンでもある指揮者の鈴木雅明氏が丁寧に解説する。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース