イスラム国、教会の歴史遺物を収集家に売却 その価値数十億円か

2014年12月21日23時20分 翻訳者 : 小又香織 印刷
+イスラム国、教会の歴史遺物を収集家に売却 その価値数十億円か
イスラム国に襲撃されたイラク北西部の村から逃れてきた家族。家族の唯一の稼ぎ頭であったサイードさん(23)は、ヤジディ教の武装グループ「ヤジディ・クルド」のメンバーで、逃げ遅れた人々を助けようと村に戻ろうとしたところを殺された。サイードさんの妻であるカリリさんは、幼い3人の子どもと共に取り残され、トルコ南東部の町シュルナクにある暖房のないむき出しの建物で、親戚ら16人と共に避難生活をしている。(写真:Caroline Gluck / EU / ECHO)

イスラム国の略奪グループと西洋の収集家が、互いに直接連絡を取り合っているとみられ、イラクとシリアの古代教会から持ち出された歴史遺物の価値は、数十億円に上るとみられている。

ベルギー連邦警察協議会のウィリー・ブラッジマン会長は、イスラム国が「独自のネットワークを活用し、最終的なバイヤーと接触しています。彼らは、コレクターと直接取引をすることを望んでいるのです」と、英タイムズ紙に語った。

ブラッジマン氏はまた、略奪品の中には英国のバイヤーに販売済みとなったことがほぼ確実とされるものもあるが、それらの中で所在が分かっているものはないと伝えた。

略奪された遺物は、石油や武器などと同じ闇ルートを使用し、国境を越えて密輸された可能性が高い。イスラム国は、シリア東部の油田からの巨額の資金を確保しており、さらに修道院や教会、その他の古代遺跡などから貴重な骨董品を持ち出している。

6月にイラクの諜報機関幹部職員が英ガーディアン紙に語ったところによれば、過激派は、ダマスカスの西、山岳地帯であるアル・ヌバックの地域だけで、2300万ポンド(約42億9700万円)相当の品を盗み出したという。

グループは特にキリスト教の地域を標的としており、ブラッジマン氏は、教会の壁からはがされた壁画や石細工が最も一般的に取引されている品であることを確認している。

イスラム国は略奪だけにとどまらず、多くの場合、宗教的に神聖な場所を大々的に汚している。4世紀に建てられたシリアの修道院は、7月に暴徒らにより押収され、聖書の預言者ヨナのものであると考えられている墓は、過激派により破壊された。

ブラッジマン氏は、宗教遺跡への攻撃は、イスラム国が「彼らが侵入する地域社会の士気を弱体化させる」ことを狙いとしていると指摘する。「お分かりのとおり、これらは(キリスト教)文化の浄化のようです」

さらに、今月中旬には、イラクのカラコシュにある教会が、イスラム国の過激派により拷問室として使用されていることが明らかとなった。モスルの司祭であるアブ・アアシ氏は英サンデー・タイムズ紙に、カラコシュにあるバーナム・ワ・サラとアル・キアマの教会が囚人を拷問するために使用されていたと語った。

「中にいるほとんどがキリスト教徒で、彼らはイスラム教に改宗することを強いられています」「イスラム国は、全ての十字架とマリア像を壊しています」とアアシ氏は語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース