イスラム国の強制改宗拒否し4人の子どもが殉教 イラクの聖公会司祭が語る

2014年12月3日23時01分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+イスラム国の強制改宗拒否し4人の子どもが殉教 イラクの聖公会司祭が語る
イラクにおけるキリスト教徒への迫害について語るアンドリュー・ホワイト司祭(写真:オーソドックス・クリスチャン・ネットワークのスクリーンショット)

イラクの首都バグダッドの聖公会司祭であるアンドリュー・ホワイト氏によると、キリスト教徒の子ども4人が強制改宗よりも死を選んだという。

オーソドックス・クリスチャン・ネットワークにより公開されたキリスト教放送局・CBNのビデオによると、身の安全を守るためにイラクから出国するようカンタベリー大主教に命じられたホワイト氏は、現地のキリスト教徒がおかれている苦境について心痛む話をした。戦闘が起こる前にいた約150万人強のキリスト教人口のうち、北部に住む25万人がイスラム国により追放されたとされている。

“バグダッドの教区牧師”と呼ばれているホワイト氏は、「かつてバグダッド市の状況は悪く、爆撃や銃撃によって人々は殺されていました。ですから人々は伝統的な故郷であるイラク北部のニネベ地方へと逃亡しました。そこも当時は安全でしたが、ある日、イスラム国が入り込み、人々をみな追放しました。イスラム国は多数の人々を殺害し、子どもたちの体を半分に切って惨殺し、人々を斬首しました。そして北へと移動し、そこでも非常に恐ろしいことが起こりました」と語った。

イスラム国は、死の痛みをもってキリスト教徒にイスラムへの改宗を強制したとホワイト氏は言う。

「彼らはある日、私たちのうちの、ある一人のキリスト教徒を訪れました。成人男性であるその人に、『イスラムへの改宗の言葉を言わなければ、あなたの子どもたちをみな殺す』と言いました。彼は絶望して、改宗の言葉を言いました。そして私に電話をして言ったのです。『司祭様、私はあの言葉を言いました。これによって、イェシュア(ヘブライ語でイエスのこと)はもはや私を愛してくださらないのですか』。私は答えました。『イェシュアはそれでもあなたを愛しますし、これからも永遠に愛します』」

ホワイト氏はまた、あるキリスト教徒の子どもたちの死についても話した。

「イスラム国のメンバーが現れ、子どもたちに、ムハンマドに従うと言えと命じたのです。子どもたちはみな15歳未満でした。その中の4人が、『いやです。私たちはイェシュアを愛しますし、今までも愛し、従ってきました。イェシュアはいつも私たちと一緒でした』と言いました。メンバーは『(改宗の)言葉を言え』と言いましたが、子どもたちは『できません』と答えました。イスラム国のメンバーは、その子たちをみな斬首しました。この話にどのようにあなたは感じますか。ただ泣くことしかできません」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース