人生の脚本 安食弘幸(4)

2014年11月16日16時29分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています」

役者は様々な役を演じます。時には正反対の役柄を演じることもあります。どうしてそんな事ができるのでしょうか。それは彼らが脚本に従って演じているからです。

実は人生にも脚本があって、私たちはそれぞれ自分の持つ脚本に従って人生という舞台で演じているのです。

ある人の人生脚本は、『私は悪い星の下に生まれた』という題名です。こういう人は、自分は幸せになれるはずがないと思い込んでいて、幸せが続くと不安になり、自分からその幸せを壊していくのです。また別の人の人生脚本は、『人生万事塞翁が馬』という題名です。人生の吉凶・禍福は予測できないものと考えるので、いつも「今」を楽しむことができないのです。

人は自分の心の中にある「人生脚本」に従ってしか生きられないものです。ですから人生を変えるには、脚本を変える必要があります。

あなたにスバラシイ「人生脚本」を紹介します。そして、この「人生脚本」に従って生きるなら、あなたは必ずスバラシイ人生を歩むことになります。

その「人生脚本」とは聖書です。聖書はあなたを積極的・肯定的・創造的生き方に導いてくれます。例えば、「神がすべてのことを働かせて益としてくださる」という脚本を持つ人は、何が起こっても安心してリラックスして歩むことができるのです。

昔、殿様のお気に入りの梅の絵を描くために、有名な絵師が城に招かれました。いざ描こうとした時、猫が一匹現れて真白い紙の上をトコトコ駆け抜けて行きました。紙の上には猫の足跡がくっきりと残りました。 家来たちは大慌て、切腹の覚悟をした者もいました。 しかし、その時、絵師は何事も無かったかのように筆を取り、絵を描き始めました。すると名人の手によって、ある足跡は梅の花びらに用いられ、ある足跡は梅の木の節目に用いられ、絵が完成した時、どこに猫の足跡があったか全くわからなくなりました。

同じように、私たちが全能なる神の御手に人生で起こるすべてのことを委ねていけば、苦しみも悲しみも痛みもすべてが益と変えられ、私たちの人生にすばらしい彩りを添えてくれるのです。

アメリカ人キャロルさんは17才の時、突然の事故で片足切断という手術を受けました。周りの人々は慰めの言葉もありません。人々が言葉を捜している時、彼女は明るく笑ってこう答えました。「これから私は足のない人たちの友だちになれるわ」。何という前向きな生き方でしょうか。

毎週日曜日、教会の礼拝では聖書という「人生脚本」に従って生きるコツが語られています。是非お出かけ下さい。そして人生という舞台の上で、ぎこちない大根役者ではなく、人々に感動を与える名優として演じていただきたいのです。

<<前回へ     次回へ>>

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース