戸坂純子さん、ニューアルバムリリース 全ての人にゴスペルの力を

2014年11月8日19時37分 記者 : 新庄れい麻 印刷
関連タグ:戸坂純子
+戸坂純子さん、ニューアルバムリリース 全ての人にゴスペルの力を
11月5日にリリースされた戸坂純子さんのニューアルバム『Time of Love』

ゴスペルジャズシンガー・戸坂純子さんのニューアルバム『Time of Love』が、11月5日にリリースされた。今回のアルバムのテーマは、「ゴスペルとジャズ」。クリスチャンであってもそうでなくとも、幅広い層に受け入れられるようなアルバムに仕上がっている。

6年前にクリスチャンになった戸坂さん。2年前のアルバム『YOUR SONGS~美しい世界~』は、「きけやうたごえ」「丘に立てる荒削りの」など、収録曲のほとんどが賛美歌で、クリスチャン向けにリリースされた。

しかし、クリスチャンになる以前からジャズボーカリストとして活動していた戸坂さんの長年のファンは、ほとんどがノンクリスチャン。教会礼拝での特別賛美や、チャペルコンサートを除いては、ジャズクラブなどでのコンサートが多く、お客さんの大半もノンクリスチャン。

クリスチャンだけでなく、全ての人にゴスペルを聞いてほしい。礼拝での特別賛美という、神を共にほめたたえるためのゴスペルだけでなく、伝道につながるゴスペルをも神にささげたい。

一般の曲にはない力がゴスペルにはあることを、戸坂さんは誰よりも体験してきた。今回のアルバムに収録されている「Amazing Grace」「君は愛されるため生まれた」は、戸坂さんが救いに導かれるにあたって、大きなきっかけとなった曲だ。

ゴスペルジャズシンガー・戸坂純子さん ニューアルバムリリース すべての人にゴスペルの力を
「Amazing Grace」「君は愛されるため生まれた」は、戸坂さんが救いに導かれるにあたって、大きなきっかけとなった曲。今回のアルバムにも収録されている。

幼いときから、霊的な世界を敏感に察していた戸坂さんは、8年前のファーストアルバムのレコーディングのころから歌うごとに、白い衣を着た人が現れるのを感じていた。スピリチュアルな知識を聞きかじり、守護霊だと思いこんでいた。しかし、初めて導かれた教会の牧師に「御使いじゃないですか」と一枚の絵画を見せてもらったところ、まさにそこに描かれている人が、戸坂さんが見ていた人と同じ姿をしていたのだ。

また、クリスチャンになった後も、長い間、悪霊の攻撃に苦しめられていたそうだが、「賛美を聞いてください。最初は難しいかもしれませんが、口を開いて賛美を歌うようにしてください」という牧師のアドバイスを実践することで、その苦しみから解放されていったという。

「ポップスや、ジャズの音楽だったら、絶対に解放されなかったでしょう。ゴスペルは、神の言葉でつづられ、神にささげられる曲だからこそ、力がある。ゴスペルの持つ力をノンクリスチャンの人にも知ってほしい」

牧師から「これを歌ってみてはどうですか」と渡された「君は愛されるために生まれた」は、戸坂さんがそれまで聞いてきた音楽にはなかった、心に迫る温かさを感じさせた。自分がこの世界で一番不幸だと思っていたのが一変し、朝起きるごとに、窓を開けるごとに、「おはよう」と挨拶するごとに生きている喜びで胸が躍るようになった。

ゴスペルジャズシンガー・戸坂純子さん ニューアルバムリリース すべての人にゴスペルの力を
6年前にクリスチャンになった戸坂さん。クリスチャンになる以前からジャズボーカリストとして活動していた戸坂さんの長年のファンは、ほとんどがノンクリスチャン。チャペルコンサートを除いては、ジャズクラブでのコンサートが多い。

コンサートでゴスペルを聞き、涙を流すお客さんを見たり、コンサートをきっかけに教会に行き、救われたという証を聞くごとに、戸坂さんはゴスペルに宿る神の存在を感じずにはいられないという。自分の人生が変えられたように、ゴスペルを聞く人々の心に神が語りかけていてくださることを信じつつ、ただ神に向かって歌い続けていきたいと、戸坂さんは語る。

今回のアルバム制作途中には、米サンフランシスコに行く機会が与えられた。戸坂さんが大学卒業後から師事していた細川綾子氏が一昨年クリスチャンになったのだ。戸坂さんとは全く別の経緯で救いに導かれた細川氏と、共に礼拝に臨む恵みにあずかった。

その細川氏を通して、米国でメジャーなゴスペルナンバーを紹介され、「Hallelujah」「He's Got The Whole World In His Hands」の2曲がアルバムに加わった。2曲とも、分かりやすい歌詞をリズムよく繰り返す、誰もが口ずさみやすい曲となっており、チャペルコンサートでも一般のコンサートでもお客さんと一緒に歌えるゴスペルとして用いているそうだ。

ゴスペルジャズシンガー・戸坂純子さん ニューアルバムリリース すべての人にゴスペルの力を
新しいアルバムのテーマは「ゴスペルとジャズ」。クリスチャンであってもそうでなくとも、幅広い層に受け入れられるようなアルバムに仕上がっている。戸坂さんは、「ゴスペルは、神の言葉でつづられ、神にささげられる曲だからこそ、力がある。ゴスペルの持つ力をノンクリスチャンの人にも知ってほしい」と語る。

ゴスペルの中心にある神の言葉から外れることなく、それでいてジャズ特有のリズムで、どんな人にでも受け入れられやすいような絶妙なバランスでまとめられたこのアルバム。アマゾンの事前予約では一時在庫切れになるほど話題になっている。『Time of Love』のタイトル通り、多くの人がこのアルバムを聞き、神の愛を豊かに感じる時を過ごしてほしいと、戸坂さんは願っている。

戸坂さんのチャペルコンサートなどの問い合わせは、オアシス・ミュージックオフィス(電話:070・5458・0711)まで。

関連タグ:戸坂純子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース