出会い・つながりの場に 東京・麻布で教会主催のコスチュームパーティー

2014年10月28日21時19分 記者 : 竹村恭一 印刷
関連タグ:ライフハウス
+東京・六本木にあるインターナショナル・チャーチ「ライフハウス」は26日、麻布で社会人を対象にしたコスチュームパーティーを行った。このイベントでは、20代中盤から40代までの男女約80人が参加し交流を持った。
ライフハウスが主催し、社会人を対象に行われたコスチュームパーティー。参加者はヒーローや食べ物、ディズニーキャラクターなど、個性豊かなコスチュームで参加した=26日、東京・麻布で

東京・六本木にあるインターナショナル・チャーチ「ライフハウス」は26日、麻布で社会人を対象にしたコスチュームパーティーを行った。このイベントでは、20代中盤から40代までの男女約80人が参加し交流を持った。

ライフハウスは2002年に東京で活動をスタート。わずか16人からスタートし、現在東京では毎週延べ2000人以上が礼拝に訪れ、今年一年ですでに7つ(うち6つは国内)の新たな教会を開拓することに成功している。特にアウトリーチに力を入れており、さまざまな形でイベントを行っている。

今回は10月末ということで、ハロウィンを意識してイベントを企画した。担当者は「最近若者の間でハロウィンパーティーはとても人気で需要がある。ハロウィンという習慣についてはさまざまな意見や議論があるが、私たちは、ハロウィンを祝うためではなく、コスチュームを着て、人々との出会いを楽しむパーティーとして行った」と語る。

ライフハウスでは、中高生や大学生などの若い世代を対象としたコスチュームパーティーはこれまでも行ってきたが、社会人を対象としたものは今回が初。社会人を対象とした狙いについてライフハウスの佐藤ブランドン牧師は、「社会人は落ち着いていると聞くことが多々あるが、ワールドカップなどを見ても分かる通り、熱くなって騒ぎ、大声を出して応援しているサポーターには社会人がたくさんいます。その熱さをイエスに向け、情熱や明るさにおいても若い世代の良い模範になるべきではないでしょうか」と話す。

教会主催のイベントであるため、最も重視するのは出会い。一般のパーティーのように酔客が出ないよう、あえてワンドリンクとしている。「お酒を飲んで、踊って楽しんでもらうのは良いと思う。でもお酒に依存し、酔っ払ったり、羽目を外してしまっては、その人の健康にとっても良くない。あくまで教会にいる素晴らしい人との出会いを提供し、教会に興味を持ってもらうのが目的」と、芯となる目的ははっきりさせる。

その上で、「社会人が満足できるクリスチャンとの出会いの場を提供できるとともに、若い世代が『俺たちもあんな社会人に早くなりたい』と思う世代となってほしい」と、このイベントにかける思いを明かしてくれた。

キャッチーな賛美の音楽に、派手な照明や音響、そして若く柔軟な発想。いずれも恵まれた環境ではある。しかし彼らが最も重視しているのは、基本である神と人とのつながり。イエスの言葉の通り、「全てを尽くして神を愛する」ことと、「人々を自分のように愛する」こと。この2つの実践が成功の秘訣ではないだろうか。

関連タグ:ライフハウス

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース