米最大教会のアンディ・スタンリー牧師「次世代ミニストリーのため、30代に投資する準備できている」

2014年10月4日16時28分 記者 : 小又香織 印刷
+米最大教会のアンディ・スタンリー牧師「次世代ミニストリーのため、30代に投資する準備できている」
アンディ・スタンリー氏はノースポイント・ミニストリーズの5つの枝教会で毎週日曜日、約3万3千人を前に説教する。彼のテレビ番組「ユア・ムーブ(Your Move)」は毎週放送され、100万人近くに視聴されている。(写真:North Point Ministries)

アンディ・スタンリー氏の牧会する「ノースポイント・ミニストリーズ(North Point Ministries)」が、米誌アウトリーチ・マガジンの「米国で最も大きな教会」ランキングで1位になった。スタンリー氏は、すでに次世代のリーダー育成に焦点を当てている。

同誌のエッセイでスタンリー氏は、「私のオフィスの棚の上に飾ってある、私のお気に入りの言葉の一つは、アル・ライズさんの『フォーカス』というマーケティングの本の中からのものです。本の中でライズさんは、『次の世代の製品は、前世代からは決して生まれない』と述べています。つまり、次に来るものは、次の世代によって作られるのだ、ということです」と語っている。

スタンリー氏は、今は将来のリーダーたちを探し出す過程にあると話す。「私たちの仕事は、30代の男性と女性に投資をし続けていくことです。30代というのは、私たちが(ミニストリーを)始めようと、躍起になった時の年齢でした。私たちはいち早く情勢を察知し、規定にとらわれない新しい人材は誰なのか、注意して目を見張り、彼らに投資をしていく必要があります」

若かりし頃のスタンリー氏は、アトランタ市のテレビ伝道者であった父チャールズ・スタンリー氏の後を受け、宣教活動のスタートを切った。現在、チャールズ氏の牧会するジョージア州アルファレッタの教会は8つの枝教会を持ち、今年のイースターには7万人以上の礼拝出席者を記録した。

スタンリー氏は、自分の時代は過ぎ去り、バトンを渡さなければいけない時が来ていると認識している。「私たちはミニストリーに対し、こうあるべきという前提を持って、型、ビジョン、アプローチを作るべきではありません。私たちは80年代後半にそれらを考え出しましたが、2000年代の今、またそれらを新しく作っていくのです」。古い考えに固執している人たちに言及し、「私たちの時代は終わりです。私たちは、今の世代の人たちの成功を促進するためにここにいるのです」と述べた。

ノースポイント・ミニストリーに続き、ランキング2位はニュー・スプリング教会、3位ゲートウェイ教会、4位チャーチ・オブ・ハイランズ、5位ウィロー・クリーク・コミュニティ教会と続いた。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース