大阪府:テゼの歌と祈り 教派をこえた祈りの時

2014年9月19日17時19分 印刷
関連タグ:テゼ共同体
+大阪府:テゼの歌と祈り 教派をこえた祈りの時

テゼの集い「テゼの歌と祈り」(主催:日本基督教団大阪教区伝道委員会)が、10月13日(月・祝)に大阪市の東梅田教会で開かれる。

テゼ共同体は、フランスのキリスト教男子修道会。戦争による分裂に疲弊した修道士たちが集まり、教派の違いを超えて祈りと労働の生活をしたのが始まり。その後、考えに共鳴したさまざまな教派のクリスチャンが集まり、やがていずれの教派にも属さない修道会として独立した。

テゼの祈りの特徴は、教派・言語を問わず共に祈れるように、短くシンプルなメロディを回数を問わず繰り返して賛美する。また説教はなく、聖書朗読の後に沈黙の時を持つ。

集いのリーダーは、日本聖公会聖マーガレット教会信徒、日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)理事、黙想と祈りの集い準備会世話人の植松功氏。

問い合わせは、日本基督教団吹田教会の田中(電話:06・6388・6853)まで。

日時:2014年10月13日(月・祝)午後3時~5時
場所:日本基督教団東梅田教会(住所:大阪府大阪市北区野崎町9−6)

関連タグ:テゼ共同体

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース