「村岡花子と教文館」展、25日から東京・銀座で開催

2014年7月22日18時41分 記者 : 行本尚史 印刷
関連タグ:村岡花子教文館
+「村岡花子と教文館」展、25日から東京・銀座で開催
「花子とアンへの道 村岡花子 出会いとはじまりの教文館」で配られていた小冊子『村岡花子と教文館』

教文館(東京都中央区)は、今月14日に大盛況のうちに終了した「花子とアンへの道 村岡花子 出会いとはじまりの教文館」に続いて、村岡花子とキリスト教に焦点を当て足跡を辿(たど)る小展示会「村岡花子と教文館」を、7月25日(金)から9月7日(日)まで、教文館3階ギャラリーステラで開催する。

NHK連続テレビ小説「花子とアン」の主人公のモデルである村岡花子は、かつて日本基督教興文協会(後の教文館)で編集者として働いていた。今回の展示会場はその編集室があった3階のフロア内。「花子とアン」の放送に出てくる出版社「聡文堂」は、同協会がそのモデルとなっている。今回の展示では新たな資料も公開するという。

時間は、平日午前10時から午後8時まで、日曜日午後1時から同8時まで。入場無料。詳しくは教文館のウェブサイトフェイスブックで。教文館への交通について詳しくはこちら

なお、教文館によると、イーショップ教文館で村岡花子フェア対象商品を購入した人には、「花子とアンへの道 村岡花子 出会いとはじまりの教文館」で配られていた小冊子『村岡花子と教文館』がプレゼントされる。他では入手できない貴重な冊子だという。詳しくはこちら

関連タグ:村岡花子教文館

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース