教文館・弥生美術館ほか 各地にひろがる村岡花子展

2014年7月9日16時21分 記者 : 行本尚史 印刷
+教文館・弥生美術館ほか 各地にひろがる村岡花子展
弥生美術館「村岡花子と『赤毛のアン』の世界展」のチラシ

特別展村岡花子 出会いとはじまりの教文館」が、東京・銀座の教文館9階ウェンライトホールで開催中だ。同展は5月末から始まり、7月14日(月)まで開催される。

教文館によると、この展示はNHKで「花子とアン」が放送されていることに加え、花子さんが日本基督教興文協会(後の教文館)に務めていたことから企画された。同展を見ようと、1日に100人を超える来館者があるという。「花子とアン」の放送でいま出ている出版社「聡文堂」は同協会がそのモデルとなっている。教文館出版部は、フェイスブックでも関連した詳しい情報を発信している。

開館時間は午前11時から午後7時半まで。教文館へのアクセスはこちら

また、弥生美術館(東京都文京区)では、「村岡花子と『赤毛のアン』の世界展~本を道しるべに、少女たちのために」を今月4日からスタート。9月28日(日)まで開催する。

「本展覧会では、本を通じて世の中を明るく照らそうと尽くした村岡花子の生涯を、『赤毛のアン記念館・村岡花子文庫』所蔵資料を中心に、作品約300点により展観します」と、同美術館は説明している。

村岡恵理監修『村岡花子の世界 赤毛のアンとともに生きて』(河出書房新社、2014年)の編集者である内田静枝さんは、同美術館の担当学芸員。9月6日(土)には、村岡花子さんの孫である村岡美枝(翻訳家)・村岡恵理(作家)姉妹を迎えた講演会が午後6時から行われる。定員80人。料金は1200円(入館料含む)。申し込みはメール(museum.event2*gmail.com、*の部分は@)で受け付けている。申し込み多数の場合は抽選になる。締め切りは7月31日。

同美術館ではさらに、学芸員によるギャラリー・トークが8月10日(日)午後2時から行われる。こちらは予約不要だが、入館料は必要となる。村岡花子朗読レコードの蓄音器コンサートも予定されている。

開館時間は午前10時から午後5時(入館は4時半まで)。同美術館へのアクセスはこちら

さらに、「モンゴメリと花子の赤毛のアン展~カナダと日本をつないだ運命の一冊」が、岡島百貨店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、三越日本橋本店に続き、下記の日程で開催される。

6月14日(土)〜7月13日(日) 北九州文学館(福岡県北九州市)
8月7日(木)〜18日(月) 大丸心斎橋店(大阪府中央区)
9月10日(水)〜23日(火・祝) 天満屋岡山店(岡山県岡山市)
10月7日(火)〜19日(日) リウボウ百貨店(沖縄県那覇市)

なお、本紙で報じた展示のうち、東洋英和女学院(東京都港区)の 学院史料展示コーナー 「村岡花子と東洋英和 Ⅱ」は9月末まで開催中。大田区「赤毛のアンの翻訳者 村岡花子が暮らしたまち大森」は現在も各種イベントを計画・実行中。詳しくは太田区のウェブサイトを参照。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース