ICU図書館「誰も借りてくれない本フェア」が話題 7月19日には1日限定で一般公開も

2014年6月23日18時04分 記者 : 内田周作 印刷
+ICU図書館「誰も借りてくれない本フェア」が話題 7月19日には1日限定で一般公開も
国際基督教大学(ICU)図書館の一角に設置された企画展「誰も借りてくれない本フェア」(写真:国際基督教大学提供)

国際基督教大学(ICU、東京都三鷹市)の図書館が16日からスタートさせた企画展「誰も借りてくれない本フェア」が話題を集めている。一度も貸し出しされたことのない書籍を集めて展示するというこのユニークな企画は、図書館職員がツイッターで告知したところ、これまでに約1万9千回(20日現在)もリツイートされ、NHKや朝日新聞といったメディアでも取り上げられた。

読まれやすい新書の中でも、一度も貸し出しがなかったのは約860冊で、今回のフェアではそのうち約100冊を選んで展示している。展示中のもので最も古い書籍は1938年発行。図書館職員一人ひとりが、対象書籍から学生が興味を持ちそうな書籍1冊以上を選び、自ら考えたキャッチコピーとともに書棚に並べている。21日までに半数以上の63冊が借りられており、7月4日までの期間中に展示されたすべての書籍が借りられそうな勢いだ。

同図書館では、大学関係者以外の一般向けには貸し出しは行っていない。しかし、今回のフェアで問い合せが相次いだため、7月19日に行われるオープンキャンパスで1日限りのフェアを開催し、一般にも公開する予定だ。

ICU図書館「誰も借りてくれない本フェア」が話題 7月には1日限定で一般公開もフェアの案内板(写真:国際基督教大学提供)ICU図書館「誰も借りてくれない本フェア」が話題 7月には1日限定で一般公開も図書館職員一人ひとりが、書籍1冊以上を選び、自ら考えたキャッチコピーとともに書棚に並べている(写真:国際基督教大学提供)

「開催の反響が予想以上に大きくとても驚いています」と語るのは、このフェアを企画した図書館職員の相徳真理さんと紀平宏子さん。「なぜ今まで誰もこの本を借りなかったのかという利用者の声もあるほどです。もともとICU生は好奇心が旺盛で、本を読む学生が多いことも影響していると思いますが、スポットライトを当てれば読んでくれる人が多くいることが分かりました」と話す。今回のフェアは毎年開催している企画展の一つだが、対象書籍を広げた同様の企画を今後開催することも検討しているという。

現在、同図書館には約80万冊の蔵書があり、このうち約40万冊が館内の書棚に並ぶ。毎年約1万冊ずつ増えており、書棚に並ばない書籍は、利用者が蔵書検索システムから自動化書庫に出庫指示をし、専用書棚に取りに来て利用するかたちとなっている。

同大学の学生は、年間の平均貸し出し数が50冊近く、国内でもトップクラスの図書館利用率だ。図書館自体も、週刊朝日進学MOOK『大学ランキング』(朝日新聞出版)の図書館総合評価で、ここ3年間は全国1~2位をキープする高評価を得ている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ

放蕩息子の物語をモチーフにした衝撃作「ベン・イズ・バック」

ヒーローとは何か? 福音的キリスト像の本質描き出す長編シリーズ完結編!「アベンジャーズ / エンドゲーム」【ネタバレなし】

「旅のおわり世界のはじまり」 リアル「イッテQ!」の裏側で繰り広げられる人間賛歌と神の粋な取り計らい

東京でダマー国際映画祭 ガーナ、米国の2作が最優秀作品賞 隠れキリシタンの映画も上映

キリスト教映画「ブレイクスルー」、約2週間で全米興収3千万ドル突破 「パウロ」超す人気

4つの国際映画祭で受賞「僕はイエス様が嫌い」 23歳の新鋭、奥山大史監督インタビュー

映画「僕はイエス様が嫌い」 「幼年」から「少年」へのイニシエーションとしてのJESUS

それでも愛せるか? それでも愛するとは? 映画「ビューティフル・ボーイ」に見るドラッグと米国

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング