東京基督教大学、9月から神奈川県で信仰継承テーマに公開講座

2014年6月12日20時14分 印刷

東京基督教大学(TCU、千葉県印西市)は、9月から10月にかけ、神奈川県大和市のカンーバランド長老キリスト教会高座教会を会場に、信仰継承をテーマにした公開講座を開催する。

開催するのは、2014年度秋学期高座エクステンション「信仰継承を神学する~信仰のイノベーション継承」で、9月6日から10月4日まで、5回シリーズで行う。公開講座のコーディネーターである同大学の山口陽一教授(大学院神学研究科委員長)は、「50、100年経って生き生きと、福音に生きる教会を形成したいものです。TCUの教員がそれぞれの研究分野から信仰継承の神学を語らせていただきます。これを逃すと他では聴けないようなラインアップと内容です」と紹介している。

第1回目は9月6日(土)に行われ、同大学講師の岩田三枝子氏が「賀川豊彦・ハル夫妻にみる信仰継承」をテーマに講義。「賀川豊彦・ハル夫妻は、スラム活動にはじまる社会活動において、大正時代に大ブレイクしたクリスチャン夫妻です。夫妻のビジョンがどのように次世代へとつながれてきたのかをたどりたいと思います」としている。

第2回目(9月13日)は菊池実准教授が「聖書学とユダヤ人の伝統から見る『信仰継承』」を、第3回目(9月20日)は岡村直樹教授が「ユースの心の理解と対応」を、第4回目(9月27日)は山口陽一教授が「キリシタンの信仰継承」を、第5回目(10月4日)は、篠原基章助教が「宣教共同体から考える信仰継承」を講義する。

各講義の時間はいずれも、土曜日午後3時から同4時50分(110分)。受講料(一括)は1万2千円(支援会割あり)。会場の高座教会(神奈川県大和市南林間2−14−1)は、小田急線南林間駅(西口)から徒歩数分。申し込み締め切りは9月1日(月・必着)。申し込みは、氏名、住所、電話番号、所属教会を記載し、同大学高座エクステンション係(電話:0476・46・1131、FAX:0476・46・1405、メール:extension@tci.ac.jp)まで。ネットでも申し込み可能。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教育の最新記事 教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース