東京基督教大学、感謝の想い込めて卒業生が記念コンサート

2014年2月20日17時26分 記者 : 内田周作 印刷
+東京基督教大学、感謝の想い込めて卒業生が記念コンサート
卒業記念コンサートでオルガンを演奏する卒業生=14日、東京基督教大学チャペルで(写真:同大学提供)

東京基督教大学(千葉県印西市、倉沢正則学長)の卒業記念コンサートが14日、同大学チャペルで行われた。この日は、記録的な大雪の中での開催となったが、同大学関係者ら出演者を含めて約90人が参加。来月、同大学を卒業する卒業生達が、ギターやオルガン、声楽、ピアノなど、それぞれが学んできた成果を披露した。

ギターで「新しい命」(中山有太)を演奏した学生は、「私は『教会でもっと用いられていきたい』と思い、昨年の4月からギターを始めました。ギターに限らず、楽器は自分との戦いです」と言い、挫折しそうになった時もあるが、講師の励ましにより、何とか弾けるようになったという同曲を披露した。

また、「私はクリスチャンホームで育ちましたが、TCU(同大学)に入学してから『自分は本当に救われているのだろうか』と疑問を持つようになりました。イエス様の存在が当たり前の環境で育ったが故の葛藤。しかし、ここでの4年の日々を通して、私は揺るぎない救いの確信を得ることができました」とも告白した。

J・ハイドンの「春のおとずれ」と、W・A・モーツアルトによるオペラ『ドン・ジョバンニ』からの「ぶってよ マゼット」を歌った学生は、「4年間のレッスンは、私にとって音楽の美しさを味わう憩いの時でした」と言い、指導してもらった教授らに感謝を伝えた。

「高校生の時にこの曲を初めて聞き、その時からいつか弾いてみたいと憧れていました」という学生は、憧れの「亡き王女のためのパヴァーヌ」(M・ラヴェル)をピアノで演奏。4年間の大学生活への感謝の想いをピアノの音色に乗せた。

同大では3月11日に春期卒業式と学位授与式を行う。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース