モスクワ総主教、教皇の呼びかけに応答せず

2014年6月10日23時16分 印刷

【CJC=東京】教皇フランシスコがロシア正教会の最高指導者、キリル・モスクワ総主教に、「どこででも会合したい」というメッセージを伝えていたことが明らかになった。

教皇メッセージは、モスクワで公演中のシスチナ礼拝堂聖歌隊の指揮者によって、私的に伝えられたという。キリル総主教はメッセージに感謝の意を表したものの、応答はしなかった。

教皇が聖地を巡礼訪問した際に、正教会コンスタンチノープルのエキュメニカル総主教バルソロメオス1世と会見していることから、今回のメッセージの重要さが浮かび上がっている。モスクワ総主教座は、バルソロメオス1世が正教会の指導者であると主張することに神経を鋭敏にしている。

これまでも教皇とモスクワ総主教との会合を図る動きが見られたが、実現には至っていない。正教会側は、ローマとモスクワ間の緊張が解決するまで「サミット会談」の機は熟さないと言う。

緊張はこの所、ウクライナ問題でさらに強まっている。ウクライナのビザンチン典礼カトリック教会指導者が政治的緊張に火を付けてきた、と正教会側は苦情を訴えている。ウクライナを自身の「教会領域」とするモスクワ総主教座にとってはカトリック教会の強力さが頭痛のタネなのだ。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース