クリミア半島情勢をめぐりロシアとウクライナの教会指導者が平和訴え

2014年3月25日09時55分 記者 : 行本尚史 印刷
+クリミア半島情勢をめぐりロシアとウクライナの教会指導者が平和訴え
ウクライナ正教会(キエフ総主教庁)フィラレト総主教(写真:ウクライナ宗教情報サービス提供)

ロシア正教会は20日、ウクライナ情勢に関する声明文を発表し、「暴力を繰り返してはならない」と改めて訴えた。しかし、この声明文に対し、ロシア正教会はプーチン政権の傀儡(かいらい)だという批判の声も出ている。

一方、ウクライナ正教会(キエフ総主教庁)のフィラレト総主教は、19日に発表したロシアによるクリミア併合に関する声明文で、国連や欧州安全保障協力機構、北大西洋条約機構など安全保障に関するすべての国際機関に対し、「ウクライナに対するロシアの侵攻をやめさせるためにあらゆる手段を取らなければならない」と訴えた。ウクライナ宗教情報サービスが伝えた。

クリミア半島をめぐる情勢については、クリミア宗教間協議会が今月1日、クリミアに文民による平和を保つためにあらゆる努力をするとしたアピールを発表していた。

また、米国正教会の聖職者や信徒たちが3日、ロシア正教会のキリル総主教宛に、ロシアとウクライナの対立に関する公開書簡を送り、「クリミア情勢の正常化とロシアとウクライナの平和の回復に影響力を及ぼすよう聖下に求める」と訴えていた。

そして、11日、ウクライナ正教会(キエフ総主教庁)のクリメント・シンフェロポリ及びクリミア大主教は、ウクライナ危機メディアセンターで、クリミアのウクライナ人が危険な状態にあると警告した。

さらに、同教会の主教協議会は同日、声明文を発表し、ウクライナに対するロシアの申し立ては「ひねくれたウソ」だとして、ウクライナにおける分離主義の顕現とロシアの軍事力によるウクライナ侵攻を強く非難した。

クリミア半島の南西部にある都市セヴァストポリでは15日、ウクライナ・ギリシャ・カトリック教会の司牧者で軍のチャプレンでもあるミコラ・クヴィンチ神父が、教会の中で武装した男たちに誘拐されたが、同日中に解放された。しかし翌日には3人のカトリック司祭がクリミア半島で失踪し、うち1人は数時間後に解放されたという。

こうした中で、ローマ教皇フランシスコは17日、ウクライナ・ギリシャ・カトリック教会の指導者であるスヴィアトスラフ・シェフチェク大司教と会談した。同大司教は過去数か月間に行われた大規模な反政府デモに対する教皇の支援と連帯に感謝の意を表した。

18日、ウクライナ政府の文化省宗教民族問題部長であるヴォロディミール・ユシュケヴィチ氏は、クリミアにおける聖職者の迫害を強く非難する声明文を発表し、「テロの実行をやめさせるとともに権利と自由の尊重を確保する」よう求めた。

その一方で、クリミア自治共和国の首都シンフェロポリ出身のドイツ人ルーテル派であるマルクス・へリング牧師は16日、ヴァチカン・ラジオで、地元の福音ルーテル教会はクリミアについて中立を保っていると語った。

また、シンフェロポリのユダヤ教指導者であるマイケル・カプスティン師は、2月にイスラエルのメディアに対し、「自分は民主的なウクライナに住みたい」として、もしクリミアがロシアの一部になったら自分はクリミアを離れると語ったという。

ウクライナ文化省のイェヴヘン・二シュチュク大臣は、「ロシアによってクリミアの諸教会が差し押さえられている」と述べ、クリミア人に対し、諸宗教間の平和と寛容を保つよう呼びかけた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース