日本バプテスト連盟教勢調査 新来会者年間30人以上が28%

2013年12月9日07時33分 印刷

日本バプテスト連盟の最近の教勢調査の結果が公開され、同連盟に所属する教会の内、年間30人以上の新来会者(初めてその教会に訪れた人)が訪れる教会が、全体の約28%に及ぶことがわかった。

日本バプテスト連盟はこのほど、最新の「教勢に関するアンケート結果」を発表した。この内、伝道活動と教会運営に関する項目で、2012年度(2012年4月〜2013年3月)の合計53回の「主日の中心的な礼拝」に出席した新来会者の数を尋ねる質問で、9人以下の教会は19.1%、10人から19人の教会は19.1%、20〜29人の教会は7.8%、30人以上の教会が27.9%だった。

年間で30人以上の新来会者が来るとすると、1カ月当たりの平均新来会者数は2〜3人で、ほぼ2週間に1人は新来会者が来ていることになる。これは、同連盟の所属教会の内約3割の教会は、特別な伝道集会などを持たなくとも、2週間に1回は新しい人が教会を尋ねるという、貴重な伝道の機会を与えられていることを示していると言える。

一方、主日の中心的な礼拝でほぼ毎回行われていることでは、新来会者対応を含む受付、案内奉仕が85.8%と最も多く、多くの教会で実践されていることがわかるが、依然として約15%の教会で、 受付、案内奉仕が毎回行われていないこともわかった。また、礼拝プログラムとしての交わり、歓迎タイムを行っている教会は42.4%だった。

この他、伝道活動を中心テーマとした活動では、各会活動(青年会や女性会、壮年会など)が76.0%で最も多く、次いで各種研修会・修養会・信徒会(69.6%)、特別伝道集会(64.2%)、キャンプ・親ぼく会(55.4%)、CS教師会(54.4%)、音楽集会(48.5%)などが続いた。

一方、礼拝の所要時間は60分以下の教会が46.1%と最も多かった。通常の主日に教会を訪れるメンバーの平均的な教会滞在時間は、2〜3時間が40.7%で最も多く、次いで3〜4時間が32.8%、2時間以内は19.6%、4時間以上は5.9%だった。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月7日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,906
(+252)
1,206,590
(+76,815)
死者数 80
(+7)
67,510
(+4,807)
回復者数 592
(+8)
274,689
(+17,234)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース