竜巻のような強風、さらに高潮 フィリピン台風、死者2357人に

2013年11月14日15時45分 印刷
+竜巻のような強風に加え、建物の高さを越えるほどの高潮に襲われたレイテ州の州都タクロバン(写真提供:日本国際飢餓対策機構)

フィリピン中部を襲った超大型の台風30号による被害が甚大だ。フィリピン国家災害対策本部は14日までに、2357人の死亡を確認したと発表した。犠牲者はさらに増える可能性がある。

レイテ州の州都タクロバンでは、竜巻のような強風に加え、建物の高さを越えるほどの高潮に襲われ、家屋はことごとく崩壊した。フィリピン全体で800万人が被災し、53万人がなお避難所で生活している。

レイテ島とサマール島で人道支援活動を行ってきたワールド・ビジョンは10日、毛布5000枚などを被災地に緊急輸送した。スタッフを被災地に派遣し、8万世帯40万人に対して、食糧、水、衛生キット、仮設住宅(テント)の緊急人道支援を行う方針だ。

日本国際飢餓対策機構は、教育支援をしているミンダナオ島とルソン島の各地区の無事を確認した。14日、スタッフを派遣し、現地のパートナー団体「ハンズ・オブ・ラブ・フィリピン」、国際飢餓対策機構フィリピンとも連携を図り、迅速に支援活動を進める予定だ。

各団体への支援方法は下記の通り。

■ ワールド・ビジョン

ワールド・ビジョンのホームページ( www.worldvision.jp/ )で受け付けている。

■ 日本国際飢餓対策機構

郵便振替またはクレジットカードで受け付けている。郵便振替の振込先は「一般財団法人 日本国際飢餓対策機構」(口座番号00170・9・68590)、備考欄に「フィリピン台風」と明記。クレジットカード利用の場合は、ホームページ( http://www.jifh.org/)の「フィリピン台風緊急募金」から。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

コラム

主要ニュース