バチカン文書流出、ベルトーネ枢機卿が目標か

2012年6月12日11時46分 印刷
 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)の非公開文書がこの1月、大量流出した事件は、「バチカン」と「リークス(漏えい)」を合わせた「バチリークス」という造語で呼ばれるまでになった。

 伊紙『イル・ファット・クオティディアーノ』のバチカン専門マルコ・ポリティ記者は「流出した文書は、すべて何らかの形でタルチジオ・ベルトーネ枢機卿に関するもの」だったとして「今回の流出は彼に打撃を与え、新しい国務長官に後退させようとする動き」だとAFP通信に語っている。バチカン内部に、ベルトーネ枢機卿が権力を乱用し、カトリック教会の利益にならない行動を取っていると批判する声があるという。

 流出した文書は教皇べネディクト16世のデスクから直接持ち出されコピーされた。

 ベルトーネ枢機卿はベネディクト16世の側近だが、特に「宗教事業協会」(バチカン銀行)の資金洗浄疑惑などで、バチカン行政における不透明性にからみ権力を乱用しているとの批判もある。

 20人ともされる内部告発者の一掃にバチカンが動き、内部文書を保持していたとしてベネディクト16世の秘書パオロ・ガブリエレ補佐官を逮捕した。さらに教皇身辺の人物を取り調べているという。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース