聖木曜日(洗足木曜日)

臼田宣弘

コヘレト書を読む(21)「王の言葉を守れ」―申命記で伝えられている王の在り方から― 臼田宣弘

ここでは「王の言葉を守れ」(2節)と言われています。「神の言葉を守れ」であれば信仰者として素直に受け入れられると思いますが、人間である王の言葉を守れというのは、受け入れがたいのではないかと思うのです。

2019年04月18日6時46分

バチカン・サンピエトロ大聖堂

100万人の巡礼者、ローマでキリストの受難と復活を記念

聖週間(受難週)と復活祭の式典のために、この期間、バチカン(ローマ教皇庁)のあるローマには、多くのキリスト教徒が訪れる。1年で最も神聖とされる聖週間(今年は4月9〜15日)には、少なくとも100万人の来訪が見込まれており、復活祭の16日に最高潮を迎える。

2017年04月13日18時10分

今日から「過越の聖なる3日間」、洗足木曜日

今日から「過越の聖なる3日間」、洗足木曜日

パームサンデーから数えて5日目の受難週の今日、木曜日は「主の晩餐」を記念する日だ(マタイ26:26~30、マルコ14:22~26、ルカ22:14~23、1コリント11:23~26)。特にヨハネ福音書だけに記されているイエスが弟子の足を洗ったエピソードにちなんで、「洗足木曜日」と呼ばれる。

2017年04月13日11時20分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング