ホーム > 論説・コラム > 執筆者一覧
村岡崇光 村岡崇光 (むらおか・たかみつ)  

1938年広島市生まれ。東京教育大学(現筑波大学)英米文学科卒業、同大学大学院言語学科で修士号(聖書言語学)取得、その後エルサレムのヘブライ大学で博士号(Ph.D.)取得。英国、オーストラリア、オランダの大学で30年以上教鞭を執る。ライデン大学名誉教授、ヘブライ語アカデミー名誉会員、英国学士院バーキット・メダル受賞、日本聖書協会・聖書事業功労者。

記事一覧

村岡崇光

74度目の敗戦記念日 村岡崇光・ライデン大学名誉教授

今年傘寿を迎えた私に74度目の8月15日が巡ってきました。もうかなり年老いた二葉百合子が心を込めて歌う「岸壁の母」を、この原稿を書きながらユーチューブで聴きましたが、胸にこたえました。

2018年08月15日7時23分

宗教改革と聖書翻訳 村岡崇光・ライデン大学名誉教授

宗教改革と聖書翻訳 村岡崇光・ライデン大学名誉教授

今年の8月3日から6日までドイツのライプツィヒで開催された第34回ヨーロッパ・キリスト者の集いに参加しました。「宗教改革500周年―キリストが内に生きる」がテーマで、神戸ルーテル神学校の橋本昭夫先生による宗教改革についての講演もありました。

2017年12月28日7時26分

安倍首相の「敗戦70年談話」を受けて(3) 村岡崇光

声明自体が整合性を欠き、矛盾している箇所があるのみならず、首相自身、また現政権が過去数年に取ってきた政策、なされた発言と矛盾するところがあまりにも多過ぎます。

2015年08月20日10時41分

安倍首相の「敗戦70年談話」を受けて(2) 村岡崇光

まさか、現在の日本の平和はそのおかげである、というのではないでしょう。たとえ日本人自身が被った損失、苦痛に限定しても、こういう発言は大東亜戦争を美化するものととられても致し方ありません。

2015年08月20日10時39分

安倍首相の「敗戦70年談話」を受けて(1) 村岡崇光

安倍首相は8月14日、敗戦70年に当たっての談話を内閣の合意を得て、内外に向けて発表しました。重要な発言であると思いますので、私なりに読んでその真意を理解しようと努め、まとめたものを、僭越(せんえつ)ながらここに皆様にお届けしたく思います。

2015年08月20日10時37分

私たちの神様は忘れっぽい神様だろうか?(2) 村岡崇光

私たちが、個人としてであれ、集団としてであれ、犯した罪、悪事、不正を心底から正直に認め、神に懺悔し、被害者に赦しを乞い、それを繰り返さないように真剣に努める覚悟であるならば、神は私たちを赦し、その罪故に私たちを罰することはなさいません。

2015年06月11日13時42分

私たちの神様は忘れっぽい神様だろうか?(1) 村岡崇光

私たちの神様は忘れっぽい神様だろうか?(1) 村岡崇光

昨年12月、日本に一時帰国したとき、今日通訳を親切に申し出でてくださった河成海(ハ・ソンヘ)先生と今回の韓国訪問の話が出ました。帰国した目的の一つは、日本聖書協会のクリスマス礼拝で話をするためでした。

2015年06月11日13時41分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース