米、20世紀に聖書の訳数200以上 出版社の経済的動機だとの声も

2010年10月25日22時36分 印刷

【CJC=東京】聖書は教会の礼拝で使うものと思われがちだが、教会にある聖書より、家庭やホテルなどにある聖書の方が多いだろう。ギデオン協会の聖書は、全世界のホテルに15億冊置かれている。

キリスト教専門調査団体『バーナ・グループ』の調べでは、米国の家庭の9割に聖書がある。しかも1冊ではなく、平均3冊だ。家庭にある聖書を全部積み上げると、エベレスト(チョモランマ)山の高さ約8850メートルの1000倍になるという。

米聖書協会は、聖書を毎年500万冊配布しており、出版の世界では聖書の売り上げは、ダイエットもの、ミステリー、著名人の自叙伝などをしのぎ、「永遠のベストセラー」なのだ。毎年の聖書販売部数を正確に算出することはまず不可能、と専門家は言う。ただ聖書がビジネスにとってありがたいことは確か。

出版専門誌『パブリッシャーズ・ウイークリー』の宗教担当を長く務めてきたフィリス・ティックル氏は、「聖書は多くの点で金を生む牝牛」と言う。ドル箱なのだ。

福音派キリスト教出版協会のマイケル・コビントン広報・教育部長によると、福音派系の出版社だけで見ても、2009年の不況の最中に2000万冊の聖書を5億ドル(約480億円)売り上げている。

とは言え、聖書がたくさんありすぎるのも問題だ、と懸念する学者もいる。さまざまな訳があり、さらに「ニッチ・バイブル」と呼ばれる特定層向け版も出されると、キリスト者に困惑と分裂を生じさせることにもなる。相対論者からは笑いものにされ、神の言(ことば)を「お好み次第」にするようなものだ、と言う。

聖書翻訳の専門家、ベイラー大学前学長のデービッド・ライル・ジェフリー氏は、かつて欽定訳が果たしていたような、俗化しないで、聖書の崇高さを伝えられる『共通聖書』が必要だと言う。

福音派では有力なイリノイ州ウイートン大学のリーランド・ライケン教授はもっと率直に、「各種の訳が大きく異なった場合、原典はどうなのか、読者は知りようがない」と言う。

一方でキリスト教出版社の側は、出来る限り多くの人が聖書を読めるようにする義務が、神の呼び掛けさえある、と言う。

普及しているからと言って、アメリカ人が皆、聖書を熱心に読んだり、親しんでいるわけではない。宗教専門調査団体『プーリサーチセンター』の調査では、新約聖書の最初の4巻の名を言えない人も半数おり、創世記が聖書の最初だと知らない人も3分の1いた。

そこで親しみやすい聖書を目指そうと、プロテスタント系出版社から『コモン・イングリッシュ・バイブル』計画が打ち出された。近く新約がお目見えし、来年には旧約も含む聖書が登場する。

ただ聖書が儲かると言っても、投資額も半端ではない。

『コモン・イングリッシュ・バイブル』の訳出に100万ドル(約8000万円)、宣伝に300万ドル(約2億4000万円)をすでに投じたと言う。

米国では20世紀に入ってからでも、改訳を含めると200以上の聖書訳が出された。中には専門家でもその差の意義が不明なものもある。

書店の棚がさまざまな聖書で溢れかえっていると、購入するつもりで来ても、買わないで帰ってしまう客も半分はいる、という研究もある。

キリスト教出版社ゾンダーバン社の2010年版カタログは聖書だけで223ページ。そこには学生、救いを求める人、ガンにかかった女性、多忙なお父さんなど、さまざまな需要に応じた聖書が列挙されている。

ライケン氏は、出版社の狙いは霊的なものではなく、経済的なものだ、と見る。「聖書は権威ある神の言葉と見られなくなり、あってもなくても良いものになってしまった」と言う。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース