米キリスト教指導者、同性婚反対で共同宣言

2009年11月23日08時15分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「マンハッタン宣言」起草者の一人、サンフォード大学神学部長のティマスティ・ジョージ教授。マンハッタン宣言における福音派、カトリック、聖公会間の連帯を強調した=20日(Christian Post)

 【CJC=東京】米国の保守的福音派と伝統主義カトリック者の指導者150人以上が11月20日、妊娠中絶と同性間の結婚への反対を再確認、宗教の自由を保護することを誓う共同宣言「マンハッタン宣言=キリスト者の良心の呼び掛け」を発表した。



 宣言は、医療保険の総点検、同性間結婚の是非などの政治・社会的論議の争点になっているものを取り上げた。



 「キリスト者やわたしたちの組織が結婚という制度を支持することに、しばしばあきれるほど失敗してきた」と認めながらも、宣言は同性間の結婚を拒否している。



 宣言は、同性婚に法的な扉を開くことは、複数恋愛関係、一夫多妻の家庭、成人の兄弟姉妹の近親相姦的関係についても認めることになる」と指摘している。



 宣言には、ティモシー・ドーラン・ニューヨーク大司教、ドナルド・ウイロウ・ワシントン大司教らカトリック司教15人、『フォーカス・オン・ザ・ファミリー』の創設者ジェームス・ドブソン氏、全国福音同盟(NAE)のライス・アンダーソン議長や神学校指導者、大学教授、牧師らが署名している。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング