佐々木満男「どんなことにもくよくよするな!」(1)・・・Mr.Don't Worry!

2009年4月18日09時07分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+佐々木満男弁護士

1.Mr.Don't Worry!



 合言葉は「Don't Worry!」



 こう提唱して歩いています。野球では「ドンマイ、ドンマイ」ですね。Don't Mind!Don't Mind!もいいんですけれども、Don't Worry!のほうがインパクトが強いと思います。



 これは私が言っているのではありません。聖書の言葉なのです。新約聖書のピリピ人への手紙の4章6節に、「どんなことにもくよくよするな!」と書かれています。



 英語で言うと、「Don't worry about anything!」です。すばらしいですね、「どんなことにも」です。健康のこと、経済のこと、老後のこと、仕事のこと、家庭のこと、社会のこと、世界のこと、どんなことにもくよくよするな! これは神が私たちに語っている言葉ですから、とてつもなくすばらしいと思います。



 聖書は決して、「ケセラセラ」(どうでもいい・なるようになれ)という無責任主義を推奨しているわけではありません。「どんな問題も神に感謝してこれを受け止め、その問題を神にゆだね、その解決を神に求めなさい」ということなのです。



 私は本当のところはですね、「姓はWorry、名もWorry」なんです。「ミスター、ウォリー・ウォリー!」。生まれつき体が弱く性格もひ弱で、いつもくよくよしていました。「くよくよ人間」です。「こんな自分が社会に出てまともに生活していけるのだろうか」、とても心配でした。



 「仕方がない、じゃあ勉強でも一生懸命やろう」と、勉強した結果、大学に入ったのですが、自分は将来一体、どんな仕事をしたらいいのか分からない。最後まで決断がつきませんでした。ですから、就職試験も受けたし、公務員試験も受けたし、司法試験も受けました。



 幸い、みんな受かってしまったんですけれども、最後まで志望が決まらない。そこで、「とりあえず弁護士でもなってみようか、気が変わったら後で自分の好きな道を歩めばいいじゃないか」と、弁護士になりました。非常に消極的な選択をしたのです。



 「人権の擁護、社会正義の実現」。弁護士にはこういう立派な使命があるんですが、私の場合は、「でもしか弁護士」。使命感などまるでなかった。ずっと弁護士は腰掛け、アルバイトのつもりで来ました。一体、自分は本当は何をすべきなのだろうか?ずっと迷ってきました。



 あまり好きでもない法律をかじって、「自分では解決できない、もう弁護士に持っていく他ない」、そういう問題を引き受けて解決するわけです。自分の問題だけでも大変なのに、他人さまの難問を引き受けてしまう。お金をもらわなければ、気が楽なんですが、お金をもらうとですね、責任が出る。うまくいかないと怒られます。下手をすると、依頼者から訴えられてしまうんです。



 そういう因果な仕事をなんとアルバイト気分で35年もやってきたんです。でもその間、いろいろな悩み・苦しみの連続ですね。ますます「くよくよ人間」になって、もうどうしたらいいか分からない、「生きるか死ぬか!」というところも何度かくぐりました。



2.問題に関する3つの真理



 今回は、3つのことをお話します。私の35年の弁護士生活のまとめです。途中で、神を信じましたので、20年間の信仰生活の結論でもあります。問題に関する3つの真理です。



 まず第1番目は、



 「どんな問題もたいしたことはない!」



 たいしたことないんですよ、本当は。「大変だ、大変だ!」とつい大騒ぎしますけれどもね。



 最近、月に2回か3回、こういう話をあちこちでやっているんです。でも、よくスピーチの前に大問題が起きるのです。先日もすごい問題が起きまして、4時間も国際電話をしました。へたをすると、私の人生全体が崩壊するような重大問題です。「心配だ。明日、スピーチができるんだろうか」。夜もろくろく眠れませんでした。



 当日も新幹線の中で、「いやあ、こんな状態では、ドント・ウォリー!なんて、とても語れない」、「自分がこんなにくよくよしているのに、どうして人さまに『どんなことにもくよくよするな!』なんてお話できるんだ!」。とにかく「大変だ、大変だ」という思いで、広島駅にたどり着きました。駅の食堂で広島名物の「かき丼」を注文したのですが、気分が重くてのどを通らない。一口箸をつけただけでお店を出て行く私の姿を、店員さんが心配そうに見送ってくれました。



 でも、皆さんの前に立つと不思議に元気になるんですね。ですから、これは神さまが、私のために、「お前、いつもくよくよしているから『ドント・ウォリー!』のスピーチでもやって元気になれ!」とおっしゃっているのだと思いました。たいしたことはないのですね、本当は。つい深刻に悩んでしまいますが。



 第2番目は、



 「どんな問題もなんとかなる!」



 どんな問題もたいしたことないから、なんとかなるのです。皆さんもそうですよね。いろいろ問題があったと思いますが、今、この文章を読んでいらっしゃるということは、まあ、なんとかなってきたのですね。すばらしいことです。



 最後の第3番目がいい。



 「どんな問題も益(えき)になる!」



 益になるんですよ、益、すなわちプラスになる。「今は苦しい、とても苦しい、なんと嫌な問題だ!」。皆さんもたくさん抱えていらっしゃると思います。私なんか非常にたくさんありますよ。



 先日の問題は、まさに最悪でした。でも、「そんな最悪の問題が益になるんだ!」。これも、私が言っているのではなくて、聖書の言葉なのです。神がそうおっしゃっている。だから実際、そうなるんですね。私もいろいろな問題を体験しましたけれども、やはり、ことごとくプラスになってきました。



 「問題のない人はお墓の中にいる人だ!」



 こう言った先生がいます。アメリカの有名なノーマン・ビンセント・ピール牧師です。これを聞いて私は安心しました。「そうだ、問題があるということは生きているということだ」



 ですから、皆さん、安心してください。生きている限り、問題を抱えざるをえないのです。問題があって当然なのです。でも、神を信じて死んだら天国へ行けますからね、もう問題は何一つない。この世においても、神を信じれば、「問題を問題としないで生きる」ことができます。



 私たちの生活はとにかく思い煩いに満ち満ちています。今の日本は、「思い煩いの時代」<思い煩いは重い患いだ!>です。昨年の自殺者が3万4千人、すごい数ですよね。私だって時々、自殺したくなってしまいますよ。ほんとに苦しい。ですから、1億2千万人のうち、たった3万4千人ということは、逆の意味ですごいことだと思うのです。



 でも、3万4千人の方が自殺するということは、その10倍の未遂者がいると思うのです。34万人の方が、ガス管をくわえた、手首を切った、屋根から飛び降りた、でも死ねなかった。



 そして、おそらくその10倍の、いやもっとじゃないですかね、少なくとも340万人は自殺願望を持っていると思います。「いつか機会があったら死にたい、もうこれ以上難しい問題がのしかかってきたら、いっそのこと死んでしまおう!」。そういう自殺願望を持っている人が、340万人はいるのではないでしょうか。あるいは、大人の3人に1人くらいはそうかもしれません。そういう「思い煩いの時代」に私たちは生きているのです。



(次回へ続く)





 佐々木満男(ささき・みつお):国際弁護士。宇宙開発、M&A、特許紛争、独禁法事件などなどさまざまな国際的ビジネスにかかわる法律問題に取り組む。また、顧問会社・顧問団体の役員を兼任する。東京大学法学部卒、モナシュ大学法科大学院卒、法学修士(LL.M)。このコラムでは、2004年11月6日のインターナショナルVIPクラブ広島特別講演会での講演録を再構成し、一部加筆したものを紹介する。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング