中国、キリスト教オンライン書店の店主に禁錮7年

2020年10月5日07時39分 印刷
+中国、キリスト教オンライン書店の店主に禁錮7年
米首都ワシントンで開かれた展示会「御言葉は真実:中国プロテスタント教会の聖書事業展」で展示されている挿絵付きの中国語聖書=2011年9月29日(写真:クリスチャンポスト / Amanda Winkler)

中国でキリスト教書を扱うオンライン書店「小麦書房」を経営していた店主の陳煜(チン・ユー)さんが9月27日、「違法な営業活動」をしていたとして、禁錮7年と罰金20万元(約310万円)の支払いを命じられた。米迫害監視団体「国際キリスト教コンサーン」(ICC)が1日、公式サイト(英語)で明らかにした。

在米中国人団体「華人基督徒公義団契」(CCFR)の劉貽(フランシス・リュー)牧師が公開した臨海市人民法院(浙江省台州市)の文書(中国語)によると、陳さんは禁錮刑と罰金に加え、所有していたスマートフォンも没収された。また、小麦書房の書籍1万2864冊も臨海市公安局によって破棄されたという。

陳さんは昨年9月、台湾や米国から輸入した無許可の宗教書物を販売したとして逮捕された。ICCによると、警察は小麦書房の販売記録から同店の顧客を洗い出し、全国的な捜査を行い、販売された書籍も没収したという。

ICC東南アジア地域担当マネージャーのジーナ・ゴー氏は、陳さんの判決について「中国政府がいかに宗教的なものすべてに恐怖心を抱いているかを示すもの」だと言う。

「中国共産党はもはや、宗教的なシンボルや対聯(ついれん、漢詩の対句)、キリスト教書に至るまで、宗教的な要素を持つものはすべて容認していません。秋雨聖約教会の王怡(ワン・イー)牧師や陳さんのようなキリスト教徒に対する重過ぎる処罰は、キリスト教に対する取り締まりが今後激しくなることを示唆しています。米国政府と国際社会は、北京の専制政治に立ち向かい続けるべきです」

中国は2018年3月末、国内のインターネット通販各社に聖書の販売禁止を命令。中国の各ネット通販サイトから突然、聖書が消える事態となった(関連記事:中国のネット通販から聖書消える、宗教締め付け強化か)。そのため中国では現在、聖書を合法的に入手するには、国内のキリスト教会を監督する政府公認の機関を通してしか方法がないという。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース