ロシア下院に外国人の宗教活動禁じる法案 個人宅での祈祷会も禁止

2020年8月8日23時23分 印刷
関連タグ:ロシア
+ロシア政府、外国人の宗教活動禁じる法案提出
ロシアの国家院(下院)ビル(写真:Dmitry Ivanov)

ロシアの国家院(下院)に7月22日、外国人の宗教活動を禁止する法案が提出された。欧州の福音派メディア「エバンジェリカル・フォーカス」(英語)が3日、伝えた。

提出された法案は、第7条「良心の自由と宗教団体に関して」において、「ロシア国民、およびロシアに恒久的かつ合法的に在住する者のみが、宗教団体で活動することができる」と定めており、永住許可のない外国人は宗教団体での活動が認められなくなる。法案は、宗教団体を「同じ信仰を告白し、国への登録を必要としない人々の連合」と規定している。

また、法案は「これらの宗教団体の指導者および加入者は、礼拝に集い、入会者を集め、信仰に関して入会者を教育する権利を有する」とする一方、祈祷会の個人宅での開催は認めず、特別に許可を得た施設で行わなければならないと定めている。

さらに、宗教団体への参加や指導の禁止は、「過激派的な活動の兆候」が見られ、過激派やテロリストに分類される可能性のある人々にも拡大されている。こうした人々のリストにはこの数年、バプテスト派やエホバの証人などのグループも挙げられている。

今回提出された法案の説明文には、法案が可決されれば「海外で宗教教育を受けた司祭や宗教関係者が、過激派的な宗教イデオロギーを広めることが不可能になる」とあり、海外で教育を受けた宗教者の活動も制限される可能性がある。

エバンジェリカル・フォーカスによると、ロシアには永住許可の取得にあえぐ外国人宣教師が多くおり、今回の禁止措置はこうした宣教師を含め、プロテスタントの牧師やカトリックの司祭、またイスラム教の宗教指導者にも影響を与える可能性があるという。

関連タグ:ロシア

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース