ロシア正教会トップのキリル総主教、来年9月来日 天皇とも面会

2019年10月26日21時50分 印刷
+モスクワ総主教キリル
ロシア正教会のモスクワ総主教キリル(写真:Presidential Press and Information Office)

ロシア正教会トップのモスクワ総主教キリルが来年9月、来日する。日本正教会を創建した聖ニコライの列聖50周年と、日本正教会の自治教会承認50周年を記念するためで、日本の政治指導者や天皇とも面会する予定。ロシアのスプートニク通信(英語)が24日、伝えた。

キリル総主教は同通信に、日本正教会トップのダニエル主代郁夫(ぬしろ・いくお)府主教から招待を受けたことを明かし、「日本の正教の歴史と、両国の霊的な連帯において大切な日を記念するため、共に祈る心を持って、2020年9月に日本を訪れる予定だ」とコメント。また「日本とロシアの伝統ある組織同士の交流は、両国間の平和的な対話のためにも重要な可能性を持つ」と述べ、日本とロシアの正教会間の交流の重要性を強調した。

日本に正教が伝えられたのは19世紀後半。日本での伝道を志していた青年・聖ニコライが1861年、ロシアから来日したことで本格化した。聖ニコライは初め、函館を拠点に伝道したが、その後東京に移動。それから教勢は目覚ましく発展し、1891年には東京復活大聖堂(通称・ニコライ堂)が建設された。しかしその後は、日露戦争やロシア革命、第2次世界大戦などにより、日露関係が悪化。各国の正教会も大きな影響を受けた。だが、冷戦緩和後には対話が再開し、1970年には日本正教会がモスクワ総主教の庇護の下、自治教会として承認された。また同年、聖ニコライが日本の守護聖人として列聖された。

キリル総主教は、これまでも度々来日している。最近では、府主教時代の2000年と08年、また総主教に就任してからは2012年に来日している。12年の来日は、聖ニコライの没後100周年を記念するもので、前年発生した東日本大震災の被災者も見舞うなどした。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース